コンパクトなパッケージに最大ピクセル数を備え、目標をしっかり捉える

  • 設定可能な HD+ MWIR カメラ・モジュール

    検出器のタイプ、FPAウィンドウのサイズ、フレームレート、光インターフェースのオプションが柔軟に選べます。

  • インテグレーターのための設計

    成熟した赤外線映像処理アーキテクチャと堅牢なSDKにより、開発を簡素化して市場投入までの時間を短縮できます。

  • Teledyne FLIRの価値と評判

    Teledyne FLIRに期待される性能、信頼性、サポートおよび、業界’最先端のHD+MWIRカメラモジュール。

Neutrinoファミリーのご紹介

Neutrinoファミリーのご紹介

Teledyne FLIRは、あらゆるMWIRイメージングアプリケーションに対応しています。Teledyne FLIRのNeutrino®ポートフォリオは、SWaP + Cに最適化されたVGA、SXGA、QXGA解像度のカメラモジュール、長寿命で低振動リニアクーラー、一般的なカメラインターフェース、およびさまざまな連続ズームレンズの組み合わせを備えた最善のソリューションを提供します。

製品仕様
解像度
2048×1536
FPA_デジタルビデオ表示形式
2048×1536
ピクセルサイズ
10mm
フレームレートオプション
60Hz (1080P)、>30Hz (QXGA)
感度[NEdT]
<0.03℃、f/4、50%有効
スペクトル帯
3.4mm~5mm(標準)
イメージングとレンズ
FPA/デジタルビデオ表示形式
2048 × 1536
FPA_デジタルビデオ表示形式
2048×1536
F値
f/2ベースライン
アレイフォーマット
2048 × 1536
コールドアパーチャの高さ
null
スペクトル帯
3.4mm~5mm(標準)
センサー技術
中波長赤外線
パラレル [24ビット、16ビット、8ビット]
null
ピクセルサイズ
10mm
ピクセルピッチ
10 µm
フレームレート
60 Hz (1080P)、>30 Hz (QXGA)
フレームレートオプション
60Hz (1080P)、>30Hz (QXGA)
解像度
2048×1536
感度[NEdT]
<0.03℃、f/4、50%有効
検知器タイプ
InSb (将来的にT2SL)
操作性
>99.5%
接続と通信
1次電気コネクター
 40ピン、Samtec
SDKまたはGUIでユーザー設定可能
コマンドと制御
 RS-422、選択可能なボーレート
デジタル出力形式
Camera Link Medium対応のインターフェース
同期モード
フリーラン、リードアウトによる外部同期または統合優先
FPA制御
ウェルキャパシティ
3 × 10エレクトロン
プログラム可能な積分時間
○ (0.01~16 ms)
読出し集積回路(ROIC)
直接注入、スナップショット、プログレッシブ
電気式
消費電力
<20 W(安定時)
電力損失
定常状態 <20W
入力電源
DC5 Vカメラ、DC28 V冷凍冷却器
機械式
サイズ[レンズなし]
12.0 cm x 7.1 cm x 11.6 cm
重量
1,970 g
環境と認定
コールドシールド
f/2ベースライン
使用温度
-40℃~71℃
使用温度範囲
-40℃~+71℃
使用高度
12 km
衝撃
11 msの半周期の正弦波で20 gの衝撃パルス
振動
4.3 g 3軸、各1時間
非使用時温度
-54℃~+80℃
非使用時温度範囲
-54℃~+80℃
メディアギャラリー
関連ドキュメント
輸出規制

輸出規制

このページに含まれる情報は、最終製品の仕様に応じて国際武器取引規則(ITAR)(22 CFRセクション120~130)または輸出管理規則(EAR)(15 CFRセクション730~774)の対象となる可能性のある製品に関連しています。管轄区域および分類は、要請に応じて提供されます。

Neutrino™パフォーマンスシリーズ - Model: Neutrino QX

Change Selection