ソフトウェア開発キット

この条件で製品を検索

すべての製品 (8) サムネイル表示 サムネイル表示 リスト表示 リスト表示

FLIR PTU-SDK

パン/チルトソフトウェア開発キット

フリアーシステムズのモーションコントロールシステム(MCS)が搭載されたFLIR MCSパン/チルトユニットは、高性能な制御と低遅延、低ジッター、高コマンドレートを両立させるよう設計されています。このユニットを制御する方法はいくつもあります。FLIR MCSパン/チルトユニットはEシリーズのコマンドリファレンスマニュアルに記載されたシンプルなASCIIコマンドプロトコルも、ポータブルC言語ライブラリ(PTU-SDK)がサポートするバイナリコマンドにも対応します。PTU-SDKはソースコードとして提供されるため、どのコンピューティングプラットフォームでもコンパイルできます。それによって、アプリケーションからパン/チルトユニットへ、シリアルやイーサネットインターフェースを介してシームレスにコマンドを送信することが可能になります。

Spinnaker SDK

信頼性の高いGigEアーキテクチャ、卓越したパフォーマンス

Spinnakerアーキテクチャには、現在および将来にわたってGigEの信頼性を維持するための高速でゼロエラーを維持する新機能が満載されています。40台のBlackfly S 1GigEカメラシステムを90%のCPU使用率で使用した3日間のストレステストでは、パケットのドロップは記録されませんでした。Spinnaker SDKは、FLIRとDalsa USB3、GigE、5GigE、およびほとんどの10GigEのエリアスキャンカメラに対応しています。

サポートされているプラットフォーム:Windows / Linux Ubuntu / Linux ARM / MacOS

Ladybug SDK

全天球撮像アプリケーションワークフローへの統合

すべてのLadybug®システムには、カメラの設定、360度画像取得の管理、およびパノラマ画像・動画を制作するための豊富な機能を備えたソフトウェア開発キット(SDK)が付属します。Ladybug SDKには、LadybugCapPro Windowsアプリケーション、C/C++/C#プログラミング環境でのクイックスタートのためのソースコードサンプル、カメラ統合のための技術文書、およびアプリケーションプログラミングインターフェイス(API)のソフトウェアライブラリと参照文書が含まれます。このAPIを使用すると、カスタムアプリケーションにLadybug機能を統合できます。また、このAPIはオンラインのテクニカルアプリケーションノートと公開済みナレッジベース記事のライブラリによってサポートされています。

FlyCapture SDK

画像の制御と取得

The FlyCapture® Software Development Kit(SDK)により、32ビットまたは64ビットのWindowsまたはLinuxで同一のAPIを使用して、FLIR USB 3.1、GigE、FireWire、USB 2.0カメラを制御し、画像を取得するための共通ソフトウェアインターフェイスが提供されます。 注記:Blackfly S カメラは最新SDK:Spinnaker を採用しています。また、Spinnaker はあらゆるUSB 3.1 およびGigE エリア・スキャン・カメラに対応します。

FLIR AVP

SWaP-Optimized SOM for Prism

The AVP, a size, weight, and power (SWaP) optimized advanced video processor, provides best-in-class artificial intelligence performance for thermal infrared and visible camera perception systems. It incorporates the latest Qualcomm® QCS8550, the industry’s most advanced mobile processor system on chip (SoC) featuring up to 48 TOPS inference compute performance. The QCS8550 is part of Qualcomm’s Product Longevity Program, ensuring future-proof product stability.

The AVP is designed to efficiently run Teledyne FLIR Prism AI software providing detection, classification, and target tracking and Prism ISP algorithms including super resolution, image fusion, atmospheric turbulence removal, electronic stabilization, local-contrast enhancement, and noise reduction. Prism software runs efficiently on the AVP leveraging the available system on module (SoM) functions to provide critical edge AI capabilities for automotive, airborne, unmanned, counter-UAS (CUAS), perimeter security, and intelligence, surveillance, and reconnaissance (ISR) applications.

Prism AI

物体検出および追跡ソフトウェアのライブラリ

Prism AIは、QualcommとNVIDIAの低電力の組み込みプロセッサーで動作する分類、物体検出、物体追跡を可能にするソフトウェアライブラリのコレクションです。Teledyne FLIRの認識ソフトウェアと強力で効率的な組み込みプロセッサーにより、開発者は意思決定のサポートと最先端の数値計算イメージングを実現することができます。

Prism AIは、Boson®、Tau® 2’、Hadron™ 640R、Neutrino®などのTeledyne FLIR市場をリードする赤外線モジュールと互換性があり、世界最大のアプリケーション固有の熱画像データセットでトレーニングされた高性能モデルを提供します。認識ソフトウェアモデルは、自動車、地上ISR、空対地、およびカウンタードローンのアプリケーションに使用できます。

Prism Development Kit for Qualcomm® RB5

Prism Software and IR Camera Evaluation Kit

The Prism Development Kit for Qualcomm RB5 enables system engineers to evaluate Prism ISP and Prism AI with the output of Teledyne FLIR’s Hadron™ thermal imaging camera modules. Prism ISP software includes image fusion, super resolution, turbulence mitigation, electronic imaging stabilization, 16-to-8-bit tone mapping, and local contrast enhancement (LCE). Prism AI features a mature perception software that includes object classification, object detection, object tracking, and fine-grained classification trained on the world’s largest thermal image data lake with over 5 million annotation assets.

The development kit includes Teledyne FLIR’s Hadron dual visible and thermal camera module, all necessary cables, and the Qualcomm Robotics RB5 QRB5165 system on chip (SoC), the most popular and efficient mobile processor for digital imaging, bringing unprecedented capabilities to Teledyne FLIR thermal camera module integrators.

Prism ISP

Advanced Computational Image Processing Software

Prism ISP is a collection of image signal processing (ISP) software libraries that include super-resolution, electronic image stabilization, image fusion, turbulence mitigation, noise reduction, and more. Compiled to run on low-power embedded processors from Qualcomm and NVIDIA, enabling developers to bring computational imaging to the edge while improving performance, lowering development costs, and shortening time to market.

Prism ISP is compatible with Teledyne FLIR market-leading thermal cores including Boson®, Tau® 2, Hadron™, and Neutrino®. The ISP libraries enable integrators to leverage high-performance ISP algorithms that dramatically enhance the viewed image quality and AI capabilities of world-class infrared camera modules for defense, industrial, and commercial applications.

チェックリストを隠す チェックリストを表示
比較製品 (0/3)