オートメーション

火災予防

火災が発生すると、わずかな時間で多くの建築物や設備が焼失してしまう可能性があります。 火災は、物品の甚大な損害をもたらします。ましてや人命の損失を考えれば、金銭の問題だけでは済まされない重大な問題です。 サーモグラフィカメラは、対象に接触させなくても温度を測定できるため、ホットスポットを検知して発火する前に火災を予防します。

product category

燃料貯蔵

燃料自体の可燃性が非常に高いため、燃料貯蔵の危険性はよく知られています。 腐食や漏れ、人為的なミスなどにより、爆発や壊滅的な結果につながることがあります。 サーモグラフィカメラを使用して燃料貯蔵所内の温度変化を自動的に監視することで、災害を防止し、保険会社の審査基準を満たし、作業員と市民の安全を向上させることができます。

FLIR A310 f (オートメーション)

状況モニタリングと防災のための固定式サーモグラフィカメラ

product category

倉庫

倉庫に火災報知器と消火システムが設置されていても、一度火災が発生すると、資産への損傷はほぼ避けられません。 フリアーシステムズのサーモグラフィカメラを使用すれば、発火の前にホットスポットを確認できるため、資産に損害を与えたり安全性が損なわれたりする前に早期の警告を発し、激しい大火災を防ぐことができます。

FLIR AX8

状況モニタリングやホットスポット検知に最適な自動化されたマルチスペクトル温度センサー

product category

可燃物の堆積

特定の材料を保管すると、自然発火のリスクを招きます。 災の発生後に対処するよりも、予防する方が良いのは明らかです。 サーモグラフィカメラは、安全の確保と自然発火の検知に役立ちます。 サーモグラフィカメラにより、石炭や木片、肥料などのパイルの温度を継続的に遠隔監視できます。

FLIR FC-Series R (Automation)

ネットワーク構築可能な固定式サーマルカメラ

product category

廃棄物貯蔵庫の監視

可燃性の堆積物と同様に、廃棄物は保管時に引火する可能性があります。 廃棄物と蓄積したメタンガスとの間の自然な化学反応による自然発火や熱の発生は、すべて火災につながる危険があります。 サーモグラフィカメラを使用すれば、ホットスポットを発火の可能性とともに確認できるため、火事を防ぐことができます。

FLIR A615

赤外線マシンビジョンカメラ

product category

遠隔消火活動

ホットスポットの把握は、消防対策の第一歩にすぎません。 その次が復旧です。 そして、遠隔消火の状況ではそれが難しいのです。 フリアーシステムズのサーモグラフィカメラとソフトウェアによりホットスポットを確認できるため、スプリンクラーシステムの起動、システムのシャットダウン、ホットスポットを消防剤の泡に浸すなど、自動で消化活動を開始でき、そのすべてがインターネット経由で遠隔制御されます。

FLIR A310 ex

ATEX準拠の赤外線温度センサー