研究開発 & 科学

高速およびストップモーション赤外線イメージング

急速に動く対象物の動きを止めたい、または急速に温度が上下動する対象物の熱力学をフリーズさせたいと思う研究者には、高速フレームレートのみならずそれ以上の機能を持つ赤外線カメラが必要です。 真の高速赤外線イメージングでは、1秒間29,000フレームのデータキャプチャ能力に加え積分時間が短いこと—マイクロ秒のレベル—が条件となります。 次世代の赤外線検出器では640×512のフルフレームで高速データを記録することが可能になり、フレームエリアをウィンドウィングで失うことなく、ジェットエンジンのタービンブレード、超音速発射体、爆発などのダイナミック解析を行うことができます。

お薦めの製品

FLIR X6900sc MWIR
FLIR X6900sc MWIR

InSb検出器を搭載した高性能なMWIRカメラ

FLIR X8500sc MWIR
FLIR X8500sc MWIR

InSb検出器を搭載した高速でHD解像度のMWIRカメラ

FLIR X8500sc SLS
FLIR X8500sc SLS

SLS検出器を搭載した高速でHD解像度のLWIRカメラ

高速IRリソース
高速赤外線カメラ – 速度の必要性
高速赤外線カメラ – 速度の必要性

赤外線カメラは高速の赤外線測定により数千に及ぶポイントを取得し熱の急上昇が見られる場所とその上昇速度を教えてくれます。