車をよりスマートに、道路をより安全にするための赤外線カメラ

フリアーシステムズは、コストパフォーマンスに優れた赤外線カメラを通して、より安全で効率的な次世代の先進運転支援システム(ADAS)と自律走行車(AV)システムの構築を目指す自動車業界を支援しています。

 


 

赤外線イメージング技術について自動車のエンジニアと開発者が知っておくべきこと

フリアーシステムズが発行している先進運転支援システム(ADAS)と自律走行車(AV)ソリューション向けの赤外線技術についてのパンフレットおよび付属されているAlex Roy(アメリカ大陸横断自動車レース、キャノンボールにて当時の最速記録を樹立)のビデオインタビューでは、自動車のエンジニアと開発者に対して赤外線イメージング技術を総合的に紹介しています。 赤外線イメージング技術が必要な理由から性能、コスト、さらには統合まで、赤外線イメージング技術によってADASとAVプラットフォームの安全性が向上する理由をご確認ください。 

 


 

パート1

先進運転支援システム(ADAS)と自律走行車(AV)に赤外線カメラが必要な理由 

長波長赤外線(LWIR)カメラによって先進運転支援システム(ADAS)または自律走行車(AV)のセンサーがどのように向上するか、さらにはなぜ米国自動車技術者協議会(SAE)の自動運転レベル2以上に赤外線画像センサーが不可欠なのかをご覧ください。

今すぐダウンロード

 


 

パート2

先進運転支援システム(ADAS)と自律走行車(AV)のプラットフォームにおける赤外線カメラの技術的メリット

なぜフリアーシステムズの赤外線センサーはADASやAVのプラットフォームに最適なのでしょうか? 光が不要になるためです。 安全な運転につながる熱の“視認”、検知、分類、視野角の詳細をご覧ください。

今すぐダウンロード

 


 

 

パート3

自動車へのリーズナブルかつスケーラブルな統合手段

製造業においては技術の躍進、規模の拡大、工程の最適化により、自動車向けプラットフォームに赤外線カメラを統合することが主流となっています。 発展途上市場で使用される成熟技術として、エンドユーザーへの平均価格帯を抑えつつ、市場をリードし続けるフリアーシステムズのセンサーにご期待ください。

今すぐダウンロード

 


 

 

パート4

自動車への統合に関する技術的および物流的課題の克服

自動車のエンジニアや開発者は、先進運転支援システム(ADAS)や自律走行車(AV)のプラットフォームと赤外線カメラの統合が簡単に始められると知ったら、驚くかもしれません。 FLIR ADK™赤外線カメラを直感的なGUIや指令・管制型のSDK、無料のスターター向けデータセットと組み合わせることで、より素早い統合が可能になります。

今すぐダウンロード

 


 

product category

FLIR ADK™で始めよう

FLIR ADK™はフリアーシステムズが誇る解像度640×512のBoson®赤外線カメラを、便利な取付機能やUSB/GMSLインターフェースを備えた保護等級IP67適合の全天候型ハウジングに収めています。 これによって、開発者はADKをすばやく取り付けて接続し、使い勝手の良いグラフィカルユーザーインターフェース(GUI)でデータを記録できます。 このGUIでは、プッシュボタン式のビデオ録画が可能です。

FLIR ADK™

赤外線ビジョン自動車用開発キット(ADK)

 


 

product category

無料-フリアーシステムズのアルゴリズムトレーニング用スターター向け赤外線データセット

先進運転支援システム(ADAS)や自律走行車(AV)のアルゴリズム開発者は、今までに類を見ないフリアーシステムズの赤外線データセットを無料でご利用いただけます。その最初のセットには、夏の運転を昼と夜に撮影した14,000を超えるコメント付き赤外線画像に加え、それらに対応するRGB画像が参照用として含まれています。データセットは、人間、犬、自動車、自転車、その他車両という5つのグループに分類されています。

product image

 

ADASとAVにフリアーシステムズの赤外線カメラが必要な理由

フリアーシステムズは、 現在自動車に使用されている自動車業界認定の赤外線カメラを提供する唯一の企業です。  自動車メーカーに直接部品を供給するサプライヤー、Veoneerを通じて、 50万台以上の自動車に対して 歩行者と動物の検知機能を備えた信頼性の高いナイトビジョンを提供しています。 フリアーシステムズの赤外線カメラは、 先進運転支援システム(ADAS)と自律走行車(AV)のセンサーを補完します。  赤外線カメラにより、 煙や直射日光、霧の多い日中や夜間など、暗闇の中や障害物を通しても信頼性の高い識別が可能です。 赤外線カメラは熱を検知するため、他のADAS/AVセンサー技術よりも高い信頼性で人間や動物を識別する独自の能力を持っています。 それらのセンサーに赤外線カメラを追加することで、状況認識の能力に加えて信頼性と安全性が向上します。

 

ハイビームのライトよりも4倍遠くまで確認できます。

雑然とした環境でも人間や動物を検知・特定できます。

 

直射日光や霧、暗闇など、難しい照明条件下でもはっきりと確認できます。

難しい照明条件下でもはっきりと確認できます。

 
雑然とした環境でも人間や動物を高い信頼性で識別。

ハイビームよりも遠くまで見通せます。