研究開発 & 科学

非破壊検査(NDT)/材料試験

ロックイン、過渡、およびパルス機能を備えたフリアーシステムズのカメラは、温度差を1mKもの分解能で識別する機能を持ち、非破壊検査(NDT)やストレスマッピングなどの高度な検査を行うことができます。  NDTは、対象物の特性を損なうことなく、材料、コンポーネント、またはシステムを評価する用途に広く使用されています。  赤外線カメラは、ターゲットを励起しその表面の温度差を観測することで、内部の欠陥を検出することができます。 サーマルイメージング は、複合材料、太陽電池、橋、および電子機器の欠陥や故障箇所を検出するための重要なツールとなっています。 また、材料試験における応力の熱マッピング作成にも威力を発揮するツールです。

product category

複合材検査

赤外線技術を用いた非破壊検査は、対象物を励起して、その表面に生じた温度差を観察することで内部の欠陥を検出します。 この検査法は、複合材の中に生じた空洞や層間剥離、水分の有無を検出する有効な手段を提供します。

New

FLIR A6750 SLS

長波長赤外線サーマルカメラ

product category

太陽電池の検査

太陽電池の検査では短絡故障が見つかることがあります。 励起状態のセルでは、ロックインサーモグラフィを使ってこれらの短絡を簡単に見つけることができます。 ロックインフォトルミネセンス試験は近赤外線カメラを使って行うことができます。

New

FLIR A6750 MWIR

InSb検出器を搭載した高性能なMWIRカメラ

product category

道路橋床版の点検

床版の点検は非破壊のマルチセンサー技術で、劣化している部分を特定して定量的指数を算出することで、橋の各スパン/レーンの劣化の度合いを判断できます。 フリアーシステムズのサーモグラフィカメラを使用すれば、コンクリート床版の状態をより正確に評価できます。 また、劣化の進行を予測しやすくなり、修復の必要性を評価することにも役立ちます。 橋の表面の劣化を早期に発見することで、輸送機関は予防保全策を講じて、低いライフサイクルコストで床版の寿命を延ばすことができるようになります。

FLIR A655sc

高解像度の科学グレードLWIRカメラ