建物の隠れた問題を明らかに

プロフェッショナル向け

サーモグラフィカメラで問題の原因を追跡

断熱材の欠落、損傷、不備、建物の外構からの空気漏れ、湿気の侵入、低水準の施工などがあると、住人や商業ビルの所有者にとって費用がかさむこととなります。 サーモグラフィカメラを使用すれば、問題の原因をすばやく確認できるため、十分な情報を得た上で修理を決断できるようになります。

product category

水分の蓄積に注意を集中

壁の裏側にある水分を測定するために推測は不要です。 サーマルイメージ付モイスチャーメーターで濡れた部分を直接確認できるため、問題の規模を評価するために必要なツールが得られるのです。

FLIR MR176

交換可能な湿度計を備えた赤外線計測ガイド(IGM™)搭載モイスチャーメーター

product category

高いエネルギーコストの裏側にあるものを見る

サーモグラフィカメラで非破壊検査を行えば、冷たい空気や暖かい空気の侵入/漏出問題を探し出せるため、エネルギー効率向上のための改善を行えます。

FLIR C5

コンパクトサーモグラフィカメラ

product category

「可視化」を武器にする

サーモグラフィカメラは温度の違いを可視化するため、雨漏りの状態と工事後の変化を画像でわかりやすく見る事ができる。雨漏りの調査だけでなく、上位機種は建物のメンテナンスや外壁検査にも有効。

New

FLIR T865

高性能ハンドヘルド型サーモグラフィカメラ

関連記事
すべて表示
活用事例

Before After の温熱環境を可視化する 東京大学事例

ストーリーを読む
その他

断熱性能の違いを実感として伝えるために

ストーリーを読む
活用事例

雨漏の特定、補修後の確認にサーモグラフィを活用

ストーリーを読む
その他

実務者が教える!サーモグラフィカメラ活用術

ストーリーを読む