赤外線ビジョン自動車用開発キット(ADK)

FLIR ADK™

カメラモデル: FLIR ADK、640 × 512、USB-C、24° FOV
サポートページはこちら
product image

FLIR ADK™は、次世代の自動車用赤外線ビジョンと先進運転支援システム(ADAS)、自律走行車(AV)を可能にする、費用対効果に優れたキットです。赤外線イメージングは、歩行者の検知に最適なセンサー技術です。雑然とした環境でも人を確認し、自律的判断の決定的な基準となる分析データを提供します。保護等級IP67を満たすFLIR ADKの堅牢なケースには、あらゆる天候での運転にも対応できるよう、熱線入りのガラスが組み込まれています。GMSLとUSBのインターフェースにより、プラグアンドプレイ接続が容易です。

自律走行車用の赤外線ビジョン

  • 暗くても、はっきり見える

    赤外線センサーは光ではなく熱から画像を生成するため、明るさに関係なく、歩行者や接近する車を検知します。

  • プラグアンドプレイが容易な次世代の赤外線ビジョン

    赤外線データの収集を数分で開始します。

  • データを解析装置に直接送るシンプルなインターフェース

    セットアップ、運用、統合が容易になります。

製品仕様
概要
カメラのインターフェース
null
スペクトル帯
8~14ミクロン(LWIR)
データフォーマット
null
ピクセルピッチ
12 µm
温度分解能
< 0.05℃
重量
~100 g
イメージングとレンズ
アレイフォーマット
640 × 512
センサー技術
Boson™ - 非冷却VOxマイクロボロメーター
フレームレート
フルフレーム(30 Hzまたは60 Hzから選択可能)、9 Hz(オプション)
水平視野角―熱画像
24°
太陽光保護
○ (太陽光でセンサーを損傷しない)
環境
環境保護
IP67
環境と認定
使用温度
-40℃~+85℃
衝撃
1,500 G (0.4msec時)
寸法
寸法[W×H×D]
35 × 40 × 47 mm
電源
消費電力
1 W (ヒーターなし); ~平均4 W、最大12 W (ヒーターあり)
電源条件
カメラ: 5 VDC (USB2)または24 VDC (GMSL); 窓ヒーター: 12 VDC (USB2)または24 VDC (GMSL)
関連ドキュメント
輸出規制

輸出規制

このページに記載されている情報は、輸出管理規則(EAR)による輸出規制の適用を受ける軍民両用製品に関するものです。 なお、米国の法令に反する製品の転用は禁じられています。 特に禁止されていない限り、外国人または外国当事者への輸出または譲渡の前に米国商務省の許可を取得する必要はありません。

FLIR ADK™ - Model: FLIR ADK、640 × 512、USB-C、24° FOV

Change Selection