エンドツーエンド(E2E)のソリューションで境界侵入検知を改善する方法

境界侵入検知システム(PIDS)の設計には、技術が必要です。悪天候、不利な照明、限られた電力、および困難な環境は、システムインテグレーターが適切なテクノロジーを選択することで軽減しなければならない要因です。より高度な技術設計が必要ですが、E2Eソリューションは、顧客の全体的な境界セキュリティと犯罪抑止の取り組みを推進する上で非常に効果的です。これらのトータルソリューションは、複数のセンサーを階層化し、多数のセキュリティデバイスからのデータを集約して、エンドユーザーに接近する脅威と対応を合理化するツールのより総合的理解を提供します。

ここでは、E2Eソリューションに投資する価値がある理由と、境界セキュリティをどのように改善するかについて説明します。


柔軟性の追加

E2Eのソリューションは、相互にインターフェースしないサイロ化されたセキュリティシステムを排除します。むしろ、これらのソリューションは、ビデオ、分析、アクセス制御、およびオーディオを統合して、究極の状況認識と完全なセキュリティ制御を実現します。E2Eソリューションにより、セキュリティ担当者は業界で実績のある最高のテクノロジーを導入できます。オープンプラットフォームのVMSを活用する最善のソリューションであるだけでなく、特定のテクノロジーを専門とする複数メーカーのエッジデバイスでもあります。または、これらのソリューションは、メーカーの完全なテクノロジーポートフォリオを利用するワンストップショップメーカーの単一ソリューションにすることができます。フリアーシステムズは、顧客が両方のタイプのE2Eソリューションを設計できるようにする主要なソリューションプロバイダーです。

対象範囲と可視性の拡大

境界セキュリティに関しては、疑わしいオブジェクト、または人が施設に近づいていることを示す最初の兆候があったときに、エンドユーザーに警告する必要があります。E2Eソリューションは、拡張された監視のために複数のセンサーを統合することにより、この目標を達成します。例えば、これらのソリューションはレーダーとサーマルカメラを統合できます。これにより、フェンスラインを数百フィート超えた侵入検知が可能になり、オペレーターは不規則な活動を早期に警告できます。

検出確率の向上

ことわざにあるように、2台のカメラは1台より優れています。侵入検知用センサーの実装に関しても、同じ原則が当てはまります。レーダーとサーマルカメラを重ねることで、検出精度が大幅に向上します。両方のセンサーが境界を越えた人に警告を発する場合、それは真の警告である可能性があります。顧客がサーマルとレーダーを一緒に使用すると、誤警報を減らすだけでなく、優れた脅威評価のためにターゲット追跡を自動化します。

リアルタイム インテリジェンスの改善

E2Eセキュリティソリューションの重要な機能は、データをリアルタイムで配信する機能です。エッジデバイス自体または VMS を介して分析を実行することが重要です。顧客は、人間と車両のターゲット分類、ナンバープレート認識、顔認識を使用して、車や容疑者が許可されていないのか、それとも単に営業時間外に施設にいる従業員なのかを知ることができます。

応答時間の短縮

E2Eソリューションは、セキュリティ担当者に、脅威が確認された場合にリスクの高いシナリオに対応するより多くのツールを提供します。侵入者が発電所の境界を突破した場合、VMS を介して、オペレーターは侵入者の位置を地図上で視覚化できます。そして、オペレーターはロックダウンを開始して、侵入者が施設の近くのドアにアクセスするのを防ぐことができます。

包括的なレポート

アラームイベントの場合、E2Eソリューションによりレポートが簡素化されます。オペレーターは、複数のデバイスから発生事象の証拠を収集できます。これらはすべて一緒にパッケージ化され、ダウンロードされ、警察に迅速に送られ、捜査に役に立ちます。

関連記事