Sony Pregius IMX420 / IMX428 センサーについて

SonyのPregiusグローバルシャッターCMOSテクノロジーは、鮮明、明瞭、歪みのないイメージの高速撮像という公約をついに実現しました。PregiusによってSonyは、最も普及しているCCDセンサーから移行できるパス以上のものを提供します。Pregiusでは、これまでより大幅にパフォーマンスが向上され、新たに発表された第3世代技術を使った追加のオンセンサー機能を利用できます。

他の Sony Pregius センサーと同様、本製品は 

低速バリアントを備えた高速スループット性能の実現に向けて最適化 

 

Sony Pregius IMX420 と IMX428 は、当社主力製品の Blackfly S マシンビジョンカメラと、最新の Oryx マシンビジョンカメラの両方で使用できるようになりました。 

このモデルは  7.1 MP, 1.1" IMX428 Thid Generation Sony Pregius グローバルシャッター CMOS センサーを搭載しています。4.5 μm ピクセルを擁するこのセンサは高彩度機能とダイナミックレンジを実現しつつ、Sony Pregius ならではの読み出しノイズを低く抑えています。4.5 μm ピクセルサイズでは、Pregius Generation 1 センサー と  5.86 μm ピクセルの飽和容量と Pregius Generation 2センサーの3.45 μm ピクセルの解像度とのバランスが調整されます。 

Blackfly S (IMX420/IMX428) 仕様: 

USB3: カラーモノ
GigE: カラーモノ

Oryx (IMX420) 仕様: 

10GigE: カラー、 モノ

 

 新しいコンバージョンゲイン切り替え機能 により、 弱光時の最大感度とノイズの最小読み取りのために高いコンバージョンゲインを、一方、強光時での飽和容量の大幅な増加と高いダイナミックレンジでは低いコンバージョンゲインを選択することが可能になりました。

 

  • IMX428の高フレームレート、 グローバルシャッター、HD解像度は、ハイスループット検査に最適です
  • NIR感度は、ポリマーおよび半導体部品の検査や果物の選別に最適です
  • 高い飽和容量、量子効率、およびノイズの低い読み取りは、高解像度顕微鏡および生物医学の分野への応用に適しています
  • IMX428の光学フォーマットとピクセルサイズはICX694と同等ですが、高速化を実現し、限界感度、読み出しノイズ、量子効率、ダイナミックレンジの改善を加えました。

 

Sony Pregius センサーの詳細については、こちらをクリックしてください。 

関連記事