product image

すべてのLadybug®システムには、画像取得、全方位画像制作、パノラマ画像制作、カメラ設定を管理するための豊富な機能を備えたソフトウェア開発キット(SDK)が付属しています。Ladybug SDKにはLadybugCapProプログラム、C/C++プログラミング環境ですばやく作業を開始するためのソースコード、カメラのデバイスドライバー、アプリケーションプログラミングインターフェイス(API)ソフトウェアライブラリが含まれます。APIにより、Ladybug機能をカスタムアプリケーションに統合することができます。

  • SDKの特徴

    GUIアプリケーション(LadybugCapPro)により、カメラと処理機能へのフルアクセスが可能。Windows/Linuxのcollect-onlyコマンドラインアプリケーション(ソースコードを含む)により、低コストの収集ハードウェアプラットフォームを構成。カスタムアプリケーション開発のための包括的なAPI。C++およびC#のサンプルソースコード。

  • 撮影

    画像の取得とデータフォーマットを制御。自動露光、解像度、フレームレートなどのカメラ設定を制御 GPIO トリガーまたはストロボ設定を構成設定。データスループットの要件に合わせてJPEG圧縮設定を調整。同期したイメージとGPSデータを取得してディスクに保存。

  • プロセスとエクスポート

    ハードウェア加速による画像の調整、処理、スティッチングパイプライン。デベイヤリング、露出補正、ホワイトバランス、ガンマおよびトーンマッピングなどの画像処理。パノラマ、ドーム、キューブマップを使用して出力をレンダリング。写真測量アプリケーションのためのカメラ内データと外部データの取得。異なる撮影範囲に合わせて異なるスティッチングの距離を動的に選択。処理画像を様々な静止画および動画ファイル形式にエクスポート。H.264、H.265、VP9、WMV、FLV、AVIビデオのエンコード。Googleマップ、Google Earth、GPS生データファイルを生成。

[Missing text '/pages/productpage/presalecontact/contactsales' for 'Japanese (Japan)']

より詳しい情報はこちら

コール +81-3-5204-2338 製品についてのお問い合わせはこちら

Ladybug SDK