投げられる堅牢なロボット

FirstLook®

サポートページはこちら
product image

FirstLookは、投てき可能、頑丈で、拡張可能なロボットです。オペレーターは安全な距離を保ちながら状況を即座に認識し、継続的な監視を実行して危険物を調査できます。FirstLookは、他のロボットが適応できない、または実行できない操作を可能にします。この頑丈で軽量なロボットは、構造物に挿入することができ、オペレーターは入室前に視覚、音声、センサーのフィードバックを得ることができます。ロボットは小さな障害物を登り、縁石を乗り越え、所定の位置に向きを変え、ひっくり返った際には自律権利を取得します。

即時の状況認識

  • 投げられる堅牢なロボット

    重量3 kgのFirstLookは、5 mの高さからコンクリートへの落下にも耐え、高さ17.8 cmまでの障害物を乗り越えます。

  • 高い操作性

    FirstLookは、高さ17.8 cmまでの障害物を乗り越え、縁石を克服し、向きを変えて所定の位置に入り、転倒しても自分で起き上がります。

  • 強力なマルチセンサー機能

    FirstLookには、ズームと照明の機能を持つ4台のカラーカメラに加え、音声機能も搭載されています。オプションのCBRN/HazMatセンサーも使用できます。

1台のコントローラーで多くのロボットを操作

1台のコントローラーで多くのロボットを操作

FirstLookはuPointマルチロボット制御システムで制御され、タッチスクリーン式で耐久性のあるタブレットが搭載されており、オペレーターは接続されたロボットから選択できます。Androidベースのコントローラーは使いやすいため、ロボット操作の学習時間を大幅に短縮できます。 また、uPointによって優れた無線通信技術の恩恵も受けられます。Wave Relay MANETでMPU5無線を使用するため、ロボットは複雑な構造物の奥深くまで侵入でき、操作範囲はこれまで以上に広くなります。

メディアギャラリー
関連ドキュメント
輸出規制

輸出規制

このページに含まれる情報は、最終製品の仕様に応じて国際武器取引規則(ITAR)(22 CFRセクション120~130)または輸出管理規則(EAR)(15 CFRセクション730~774)の対象となる可能性のある製品に関連しています。管轄区域および分類は、要請に応じて提供されます。

FirstLook®