投げられる堅牢なロボット

FLIR FirstLook

サポートページはこちら
product image

FLIR FirstLookは、堅牢で拡張可能な投げられるロボットであり、即時の状況認識をもたらしながら継続的に観察を行い、オペレーターに危険が及ばない方法で危険物質を調査します。 FirstLookは、他のロボットでは入れない、または操作できない場所でも操作可能です。この堅牢な軽量ロボットを構造物の中に投入すれば、オペレーターが入る前に、センサーによる視覚的、音声的なフィードバックが得られます。このロボットは小さな障害物を乗り越え、縁石を克服し、向きを変えて所定の位置に入り、転倒しても自分で起き上がります。

即時の状況認識

  • 投げられる堅牢なロボット

    重量3 kgのFirstLookは、5 mの高さからコンクリートへの落下にも耐え、高さ17.8 cmまでの障害物を乗り越えます。

  • 高い操作性

    FirstLookは、高さ17.8 cmまでの障害物を乗り越え、縁石を克服し、向きを変えて所定の位置に入り、転倒しても自分で起き上がります。

  • 強力なマルチセンサー機能

    FirstLookには、ズームと照明の機能を持つ4台のカラーカメラに加え、音声機能も搭載されています。オプションのCBRN/HazMatセンサーも使用できます。

1台のコントローラーで多くのロボットを操作

1台のコントローラーで多くのロボットを操作

FirstLookはuPointマルチロボット制御システムで制御され、タッチスクリーン式で耐久性のあるタブレットが搭載されており、オペレーターは接続されたロボットから選択できます。Androidベースのコントローラーは使いやすいため、ロボット操作の学習時間を大幅に短縮できます。 また、uPointによって優れた無線通信技術の恩恵も受けられます。Wave Relay MANETでMPU5無線を使用するため、ロボットは複雑な構造物の奥深くまで侵入でき、操作範囲はこれまで以上に広くなります。

メディアギャラリー
関連ドキュメント
輸出規制

輸出規制

このページに記載されている情報は、輸出管理規則(EAR)による輸出規制の適用を受ける軍民両用製品に関するものです。 なお、米国の法令に反する製品の転用は禁じられています。 特に禁止されていない限り、外国人または外国当事者への輸出または譲渡の前に米国商務省の許可を取得する必要はありません。

FLIR FirstLook