交通監視用の赤外線サーマルカメラ

FC T2-Series

カメラモデル: FLIR FC344 T2, 320x240, 44° FOV
サポートページはこちら
product image

FC-T2センサーは、あらゆる交通監視用途において高精度なサーマル映像(熱映像)供給が可能です。FC-T2赤外線サーマルカメラには、当社の高品質熱画像センサーが搭載されているため、色彩(光情報)のみを感知する従来型センサーと比較し、幅広い天候・設置条件下での車両検知を行うことができます。FC-T2シリーズはカメラ映像内に映った対象物の熱源を検知できるため、真昼または照明がない完全な暗闇や悪天候下のみならず、薄い霧の発生する状況でも安定した映像を供給することができます。

昼夜を問わず信頼性の高い交差点監視を実現

  • 高画質熱映像

    アナログ式サーマルカメラFC T2シリーズは、高画質サーマル映像(熱映像)を取得し、微細な対象物も詳細に表示することができます。

  • 設置が簡単

    FC-T2カメラは、既存インフラへの統合も簡単に行え、24時間365 日の監視を通して、事故発生の早期検知と目視映像確認が行えます。

  • 様々な天候条件下で動作

    FC-T2シリーズは、全天候対応型の堅牢性の高いシステムです。

製品仕様
概要
自動ヒーター
窓から最大4mmの氷を除去 自動除氷、MIL-STD-810Fメソッド521.1に従って試験
検知器タイプ
焦点面アレイ(FPA)、非冷却酸化バナジウム(Vox)マイクロ ボロメーター
スペクトル範囲
7.5 ~ 13.5µm
温度分解能
f/1.0で50 mK未満
要求事項
90~240VAC、単相 50~60Hz
センサー寸法[L×W×H]
日除けなし 259 x 114 x 106 mm 日除け付き 282 x 129 x 115 mm
センサー重量
日除けなし 1.8 kg 日除け付き 2.2 kg
出荷サイズ[センサーおよび梱包][L×W×H]
366 x 188 x 178 mm
イメージングとレンズ
視野角
44° x 36°
焦点
フォーカスフリー、アサーマルレンズ
カメラ周波数
NTSC: 30Hz
画像処理
オートゲインコントロール(AGC)、デジタルディテールエンハンスメント(DDE)
画像均一性の最適化
オートフラットフィールド補正(FFC)
センサー解像度
320x240
環境と認定
承認
EN 55022:2010、 Class B EN 61000-3-3: 2008 EN 61000-3-2: 2006+A1: 2009 & A2 2009 EN 55024:2010、 EN 51030-4: 2011 FCC Part 15、 Subpart B、 Class A IP 66 + IP 67 (IEC 60529) IEC 60068-2-27 EN 60950-1 EN 60950-22
保護
IP66 + IP 67 (IEC 60529)
使用温度範囲
-50~75℃(コールドスタート:-40~70℃)
衝撃
Mil-Std-810F
保存温度範囲
–55℃~+85℃
振動
IEC 60068-2-27
接続と通信
ビデオ出力
NTSC、 アナログ
電気・機械設備
消費量
110 VACで公称5.5 W、ヒーター使用時で23 Wピーク
関連ドキュメント
輸出規制

輸出規制

このページに記載されている情報は、輸出管理規則(EAR)による輸出規制の適用を受ける軍民両用製品に関するものです。 なお、米国の法令に反する製品の転用は禁じられています。 特に禁止されていない限り、外国人または外国当事者への輸出または譲渡の前に米国商務省の許可を取得する必要はありません。

FC T2-Series - Model: FLIR FC344 T2, 320x240, 44° FOV

Change Selection