マシンビジョンカメラ - エリアスキャン

すべての製品 (88)サムネイル表示リスト表示

BlackflyS USB3

Blackfly® S はアイスキューブ形状の因子で業界で最も高度なセンサーを活用します。同梱の強力な特性で、必要とするまさにそのイメージを容易に生成してアプリケーション開発を加速化するのを可能にします。これには画像キャプチャとオンカメラの前処理に対する自動および精密な手動の制御が含まれます。Blackfly S にはGigE、USB3、ケース型、ボードレベルのバージョンがあります。 必要とするまさにそのイメージ Sony CMOS センサーの大半の選択肢に含まれるもの:グローバル・シャッター、偏光、高感度BSI センサー。色変換ツールの耐久性高度な自動アルゴリズムまたは正確な手動制御

BlackflyS GigE

Blackfly® S はアイスキューブ形状の因子で業界で最も高度なセンサーを活用します。同梱の強力な特性で、必要とするまさにそのイメージを容易に生成してアプリケーション開発を加速化するのを可能にします。これには画像キャプチャとオンカメラの前処理に対する自動および精密な手動の制御が含まれます。Blackfly S にはGigE、USB3、ケース型、ボードレベルのバージョンがあります。 必要とするまさにそのイメージ Sony CMOS センサーの大半の選択肢に含まれるもの:グローバル・シャッター、偏光、高感度BSI センサー。色変換ツールの耐久性高度な自動アルゴリズムまたは正確な手動制御

FLIR Blackfly S ボードレベル

FLIR Blackfly Board Level は狭いスペースに埋め込むために設計された、高機能、マシンビジョン、エリアスキャンカメラです。多くのボードレベルとは異なり、最新のCMOS ンサーにはケースバージョンと同じ豊富な機能が搭載されています。一般的なSBC やSOM との互換性が証明済みなので、統合も簡単にできます。Blackfly S board レベルモデルにより、OEM は組込みシステムと豊富な機能を利用して、小型、軽量、低コストのソリューションを開発できます。

Oryx 10GigE

受賞経歴のあるOryx 10GigEカメラファミリーは最大10Gbit/秒の転送速度をサポートし、60FPS以上で4K解像度、12ビット画像のキャプチャが可能です。Oryxの10GBASE-Tインターフェイスは広く導入されている実績のある標準規格であり、リーズナブルなCAT6Aで50 m以上のケーブル長、またはCAT5eで30 m以上のケーブル長で、信頼性の高い画像転送を実現します。カメラ内蔵機能(IEEE1588クロック同期やGigE Visionをサポートする人気のサードパーティ製ソフトウェアとの完全互換性など)で、革新的なソリューションを迅速に開発するツールをシステムデザイナーに提供します。

Firefly S

今すぐ注文可能、今すぐ注文

FLIR Firefly® S は超コンパクトのボディで必要な基本マシン特性を実現します。小型、低電力、軽量が可搬式デバイスへの組み込みに理想的です。Firefly S はパワフルなオンカメラ機能を最新のCMOS センサと結合して究極の価値を実現します。

Firefly DL

ディープラーニング カメラ

システム設計者が複雑かつ主観的な意思決定を自動化し、より質の高い製品の製造と生産性の向上を目指すにあたり、強力なツールとなるのがディープラーニングです。ニューロテクノロジーにより学習させたニューラルネットワークをFLIR Firefly DLに展開し、ホストPCを経由せずにカメラ本体で判断させることでシステムのコストと複雑性を低減します。Firefly DLカメラは、超小型かつ軽量で消費電力が少ないため、モバイルシステム、デスクトップシステム、ハンドヘルドシステムへの組み込みに最適です。

Spinnaker SDK

Spinnaker SDKは、FLIRのマシンビジョン開発者向けに構築された次世代GenICam3 APIライブラリです。アプリケーションの迅速な構築を支援できるように設計された、SpinViewと呼ばれる直感的なGUI、豊富なサンプルコード、総合的なドキュメントを備えています。Spinnaker SDK はFLIR USB3、10GigE、大半のGigE エリア・スキャン・カメラに対応します。 サポートプラットフォーム:Windows 7 (32- and 64-bit) / Windows 10 (32- and 64-bit) / Desktop Ubuntu 18.04 (64-bit) / Desktop Ubuntu 16.04 (32-bit) / Ubuntu 18.04 (ARM64) / Ubuntu (16.04 ARMHF & ARM64) / MacOS (Mojave & High Sierra)

Grasshopper3 USB3

The Grasshopper®3 カメララインでは、Point Greyの専門性と最新のCCDおよびCMOSテクノロジーを組み合わせることで、高性能、高品質のイメージングを行います。

Grasshopper3 GigE

Grasshopper®3 GigE カメラシリーズは、主に、Sony CCD センサーおよびSony Pregius IMX174 センサーを採用しています。 最新のセンサーおよび最先端の特性群を擁するFLIR エリア・スキャン・カメラの場合、Blackfly S ならびにOryx カメラシリーズを参照してください。

Chameleon3 USB3

Chameleon3カメララインはUSB3.0の使いやすさ、ボードレベルのコンパクトなサイズと柔軟性を備え、広く普及しているCCDおよびCMOSイメージセンサーを搭載した製品を低価格で提供します。 最新のセンサーおよび最先端の特性群を擁するFLIR エリア・スキャン・カメラの場合、Blackfly S ならびにOryx カメラシリーズを参照してください。families.

Blackfly USB3

Blackfly® カメララインはSony CCD、Aptina、e2v、Sharp センサーを一連のユニークな特性と統合します。 最新のセンサーおよび最先端の特性群を擁するFLIR エリア・スキャン・カメラの場合、Blackfly S ならびにOryx カメラシリーズを参照してください。families.

Blackfly GigE

Blackfly® カメララインはSony CCD、Aptina、e2v、Sharp センサーを一連のユニークな特性で統合します。 最新のセンサーおよび最先端の特性群を擁するFLIR エリア・スキャン・カメラの場合、Blackfly S ならびにOryx カメラシリーズを参照してください。

Flea3 USB3

USB3 Vision、GigE Vision、FireWireカメラのFlea®3ラインは、多彩なCMOSおよびCCDイメージセンサーを超小型、低価格で提供します。Flea3 は多彩なSony、ON Semi、e2v センサー(0.3 MP~5.0 MP/ 8 FPS~120 FPS)用いています。 最新のセンサーおよび最先端の特性群を擁するFLIR エリア・スキャン・カメラの場合、Blackfly S ならびにOryx カメラシリーズを参照してください。

Flea3 GigE

USB3 Vision、GigE Vision、FireWireカメラのFlea®3ラインは、多彩なCMOSおよびCCDイメージセンサーを超小型、低価格で提供します。Flea3 は多彩なSony、ON Semi、e2v センサー(0.3 MP~5.0 MP/ 8 FPS~120 FPS)用いています。 最新のセンサーおよび最先端の特性群を擁するFLIR エリア・スキャン・カメラの場合、Blackfly S ならびにOryx カメラシリーズを参照してください。

Grasshopper2 GigE

Grasshopper®2 GigE カメラシリーズはSony CCD センサーを採用しています。 最新のセンサーおよび最先端の特性群を擁するFLIR エリア・スキャン・カメラの場合、Blackfly S ならびにOryx カメラシリーズを参照してください。

FireWireカメラ

FLIR FireWire マシンビジョンカメラは製造中止となります。 2019年12月31日をもちまして 、FireWire 専用アクセサリも注文を終了させていただきます。 最新のセンサーと最新の機能を搭載したFLIRカメラにつきましては、GigE、10GigE、およびUSB3カメラを参照してください。 FireWireカメラに代わるものをお探しですか? 国際販売チームがお手伝いいたします。 「リクエストフォーム」をクリックするか、このページにある電話番号にお電話ください。

Gazelle Camera Link

Gazelle® シリーズのCamera Link カメラは高FPS 実現にあたってCCD センサーを用いています(コンパクト44 mm x 29 mm x 59.5 mm フォーム・ファクター)。

Zebra2 GigE

Zebra®2はマシンビジョンとIPカメラの機能を1つのパッケージにしたものです。

USB2 カメラ

FLIR USB 2.0 マシン・ビジョン・カメラはコンパクトなパッケージで、ハウジングおよびボードレベルのオプションの双方で用意されます。GPIO 接続とオンボードのステータスLED が特長です。また、三脚マウント・アダプタ、Cマウント・アダプタ、取り外し型ガラス/IR フィルタ、FlyCapture API ライブラリとの完全互換性が特徴です。 40 MB/s 以上の帯域、より長いケーブル長、あるいはいっそう高度の機能やイメージ・センサを要する高度なシステムについては、FLIR の多彩なUSB3、GigE、10GigE カメラをご確認ください。

FlyCapture SDK

The FlyCapture® Software Development Kit(SDK)により、32ビットまたは64ビットのWindowsまたはLinuxで同一のAPIを使用して、FLIR USB 3.1、GigE、FireWire、USB 2.0カメラを制御し、画像を取得するための共通ソフトウェアインターフェイスが提供されます。 注記:Blackfly S カメラは最新SDK:Spinnaker を採用しています。また、Spinnaker はあらゆるUSB 3.1 およびGigE エリア・スキャン・カメラに対応します。