2022年 赤外線トレーニングコース(ITC)

ITC(Infrared Training Center):

赤外線トレーニングセンターとは?

FLIR_Line_Ironbow.png

フリアーシステムズでは赤外線工学を基礎から学べる赤外線トレーニングセンター(以後:ITC)を準備しております。このITCはフリアーシステムズ独自の講習ではなくISO18436-7に準じた他国の講習機関とトレーサブルな内容になっております。

itc-cert-card-2.jpg

ITC レベル1

コース内容:このコースでは新しい赤外線技術者が質の高いデータを取得、解析ができるようになります。既に赤外線カメラをご使用の方も、基礎から学ぶことにより測定現場で理論を伴った測定を行えるようになります。具体的には赤外線カメラを与えられたときに、正しく測定・解析ができる知識が身につきます。

ITC レベル1 開催予定日

2022年 9月5日(月)~9月9日(金)※定員に達したため、受付終了となりました。次回の開催日時は現在未定です。決定次第お知らせします。

 

開催場所:東京 品川周辺

詳細に関しては、開催1か月前までにお申込の皆様にメールにてご案内します。

ページ内フォームに必要事項をご記入の上、お申込ください。

 

レベル1トレーニング内容

赤外線サーモグラフィ入門使用、熱画像の解釈、熱科学の基礎、熱画像の解析技術、基本的な熱伝達の理解、定性的解析と定量的解析、電磁スペクトル、赤外線測定技術、放射エネルギーの交換、空間分解能

受講料(価格はすべて税別)

ITCレベル1:198,000円(税別)

※グループでのお申込がお得になりました。2人目以降のお申込は受講料が半額になります。

ITCレベル1(1人目):198,000円

ITCレベル1(2人目):99,000円

2人目以降のお申込方法:

・右のフォームからお申込ください。

・代表者の方がグループ全員分の申込を行ってください。

・コメント欄にグループ全員の会社名と氏名の記入をお願いいたします。

・フォームに登録後、1週間以上連絡が無い場合は、service@flir.jpまでお問い合わせ下さい。

FLIR_Line_Ironbow.png

ITC レベル2

コース内容:このコースでは既に赤外線技術者としての知識に加え、プラスアルファのより詳細な赤外線技術を習得します。具体的には、測定時に与えられた赤外線カメラでの測定限界を知ることができ、どこまで近づかなければ正しい測定ができないか?窓材等があったときにはどのように対処しなければいけないか?風による影響はどの程度あるのか?などなど、レベル1に加えた知識を得ることによりあらゆる場所で十分な精度でデータが取得できるようになります。赤外線カメラをこれから持つ方へ指導するには、是非ともこのコースの習得がお勧めです。

itc1.jpg

開催予定日

2022年 11月14日(月)~11月18日(金)

開催場所:東京 品川周辺

詳細に関しては、開催1か月前までにお申込の皆様にメールにてご案内します。

ページ内フォームに必要事項をご記入の上、お申込ください。

ITCレベル2を受講するためには、ITCレベル1を取得している必要があります。

トレーニング詳細

熱化学の応用、『赤外線科学、波長帯』、エネルギー保存(第一法則)、プランクの法則、熱伝達の方向(第二法則)、ヴィーンの法則、『温度変化、熱容量』、『ステファン、ボルツマンの法則』、『白熱、相変化、潜熱』、『放射熱交換、黒体、灰色体』、『実体、大気の影響』

 

受講料(価格はすべて税別)

ITCレベル2:228,000円(税別)

ITCレベル2を受講するためには、ITCレベル1を取得している必要があります。

グループでのお申込がお得になりました。2人目以降のお申込は受講料が半額になります。

ITCレベル2(1人目):228,000円

ITCレベル2(2人目):114,000円

2人目以降のお申込方法:

・右のフォームからお申込ください。

・代表者の方がグループ全員分の申込を行ってください。

・コメント欄にグループ全員の会社名と氏名の記入をお願いいたします。

 

更新料に関して:

合格後は5年おきの更新が必要になります。

更新手数料はレベル1、レベル2共に25,000円になります。

 

関連記事