解析エンコーダ

TRK-101

サポートページはこちら
product image

TRK-101は映像信号を解析し、人、車、物体が境界線を越えた、所定の区域に侵入した、現場に取り残された、または現場から除去された場合にアラーム通知を発信します。境界線の定義と何を検知すべきかはユーザーがカスタマイズできます。アナログとIPストリーミングビデオ出力の両方を備え、レガシーネットワークとIPベースのCCTVネットワークの両方にハイブリッド接続が可能です。また、既存の固定式アナログカメラに接続できるため、既存設備の改修にも対応します。

周辺を警備する自己充足型ビデオエンコーダ

  • ハイブリッド接続

    TRK-101は、アナログおよびIPストリーミングの両方を使い、完全に統合された、DSPベースのリアルタイムの映像解析を行います。

  • 信頼性の高い検知

    最大5件の同時侵入検知ルールにより、TRK-101は検知の可能性を高め誤報率を抑えます。

  • 簡単なセットアップと操作

    リモートバックアップによるエッジストレージ(SoE)機能搭載。標準ウェブブラウザを使って5分以内に設定可能。

製品仕様
概要
マウント
シェルフ/オプションのラックマウント(シングルユニットまたはマルチユニットアクセサリ)
インテリジェントビデオ解析チャンネル数
1
エッジ保存
3,800Mbイベント録画
H.264フレームレート[PAL_NTSC]
D1 12/15 FPS VGA 18 FPS 2CIF 25/30 FPS CIF 25/30 FPS
アラーム
アラーム/コマンド
TCP/IP、 HTTP
イメージングとレンズ
ビデオストリーミング
RTP/RTSP
環境
電磁妨害
(EMC) FCC 47 CFR Part 15、 Subpart B、 Class A; CE Class A
環境の
RoHS
使用湿度
相対湿度5% ~ 95% (不凝縮)
使用温度
0°~ 60℃
安全性
UL、 CE
寸法
寸法[インチ]
2.7 x 1.42 x 4.61" (W x H x D)
寸法[mm]
68.5 x 36 x 118mm (W x H x D)
接続と通信
ブラウザ
Internet Explorer 10 、 11
イーサネット[IEEE 8023-8023u]
1 x RJ45 インターフェース
IN_アラーム入力
1×ドライ接点
OUT_リレー出力
1xリレー出力(定格負荷0.3A @ 12VDC、1A @ 30VDC、0.25A @ 24VAC、50 / 60Hz)
物理コネクター
1x BNC 75Ω
サービス、プロトコル
TCP/IP、 UDP/IP、 HTTP、 SMTP、 DHCP、 DNS、 SNTP
標準TV
コンポジット1Vp-p - NTSCまたはPAL
電源
消費電力
DC: 3.6W、 AC: 6W
電圧
12VDC (+/-10%)、 24VAC
動画と録画
ビットレート
CBR (128Kbps ~ 4Mbps)、 VBR
IPビデオストリーミング
H.264、 MPEG-4 SP、 MJPEG
付属ソフトウェア
オペレーティングシステム
Windows 7、 8 、 8.1、 10
関連ドキュメント
輸出規制

輸出規制

このページに記載されている情報は、輸出管理規則(EAR)による輸出規制の適用を受ける軍民両用製品に関するものです。 なお、米国の法令に反する製品の転用は禁じられています。 特に禁止されていない限り、外国人または外国当事者への輸出または譲渡の前に米国商務省の許可を取得する必要はありません。

TRK-101