ビデオ/レーダーベースの車両検知センサー

TrafiRadar

サポートページはこちら
product image

フリアーシステムズのTrafiRadar車両検知センサーは、ビデオセンサーとレーダーが統合されています。フリアーシステムズのTrafiRadar車両検知センサーは、ビデオセンサーとレーダー機能の統合により、停止線や先行車両の検知/交通適応システムの実行/ジレンマゾーンの保護を行い、信号交差点の交通安全や効率性を向上させます。TrafiRadarはジレンマゾーンに車両の存在を検知すると、必ず、信号機制御装置に警告を発し、青信号/赤信号の時間を延長することで交通全体の安全性強化を図ります。

  • レーダーによるリアルタイムの可視化

    TrafiRadarインターフェースでは、レーダーオーバーレイでライブ映像が表示されるため可視性が全面的に向上します。

  • スマート交通制御

    TrafiRadarは、車両速度や車種に応じて「条件付き車両検知」を実行することにより交通適応システムを強力にサポートします。

  • コンパクトかつ優れた費用対効果

    TrafiRadarは設置/調整/設定の簡単な地上検知ソリューションです。

製品仕様
概要
カメラ
カラーメガピクセルカメラとドップラーレーダー
コントローラー
タイプ170、2070、NEMA TS1&TS2およびATCコントローラ に関して
ゾーン
フェーズごとおよび車両ごとのジレンマゾーン警告 (出力、TCP / IPまたはシリアル経由のイベント)
検知機能
レーンごとの条件付き存在検知(出力、TCP / IPまたは シリアル経由のイベント)
寸法
115x57x165 mm
平均故障間隔[MTBF]
100,000時間超
環境と認定
温度範囲
-34℃~+74℃
電磁両立性
TrafiRadarセンサー:FCC Part 15 Class B、2004/108/EC TI Xストリームエッジ:FCC Part 15、Class B
保護グレード
IP68
接続と通信
データ
レーン当たりおよび車両1台当たりのデータ(位置、カウント、速度)
ネットワーク
IP-アドレス指定可能
出力
4出力(出力拡張ボード増設可能)、PIMモジュール経由 SDLC、TCP / IP
接続
電源と通信のためのBPL(電力線上のブロードバンド)
電源
消費電力
TrafiRadarセンサー:平均出力:7 W(ピークパワー:8.5 W) TI Xストリームエッジ:4 W
電源
24 VDC
動画と録画
ビデオ圧縮
H.264、 MPEG-4、 MJPEG
関連ドキュメント
輸出規制

輸出規制

このページに記載されている情報は、輸出管理規則(EAR)による輸出規制の適用を受ける軍民両用製品に関するものです。 なお、米国の法令に反する製品の転用は禁じられています。 特に禁止されていない限り、外国人または外国当事者への輸出または譲渡の前に米国商務省の許可を取得する必要はありません。

TrafiRadar