自動事故検知

TrafiBot 2

サポートページはこちら
product image

FLIR TrafiBot2は、自動事故検知用のコンパクトで堅牢なカメラソリューションです。フルHDの可視カメラと先進のビデオ解析を組み合わせたTrafiBot2の高度な処理により、停止車両や逆走車両、落下した貨物などを含む、トンネルや橋、高速道路での交通データと事故検知情報を生成します。

  • 先進の画像品質

    TrafiBot2は、低照度環境でも不要なノイズや車のヘッドライトによるスミアのない卓越した性能をもたらします。

  • 自動事故検知

    TrafiBot2は、停止車両、逆走車両、歩行者、落下した貨物、交通流のデータなどを含む、重要な交通情報を提供します。

  • 過酷な環境に向けた設計

    TrafiBot2のハウジングはステンレス316L製で、IP66およびIP67適合の防塵・防水設計です。

製品仕様
概要
Focal Length
2.8 -> 12 mm 4.9 -> 49 mm
ハウジング材質
ステンレス316L
重量
<2 kg
寸法[H×W×D]
190 × 11 × 77 mm
イメージングとレンズ
ストリーミング解像度
可視:最大1920 × 1080(30 Hz時)
スナップショット
JPEGプル、FTPプッシュ
画像センサー
対角6.4 mmソニーCMOSセンサー
画像回転
ミラー、フリップ
最大解像度
1920 × 1080
解析
トラフィックデータ収集
車線ごとの交通量データ - 交通速度、ゾーン占有率 車両の交通データの統合 - 車線と車両クラスごとの平均速度(運転間隔、長さあたりのギャップ時間、車線ごとのクラス)、占有率 個々の車両の交通データ - 速度、ギャップ時間、運転間隔、車両クラス
自動事故検出
交通事象 - 停止車両、速度低下、サービス水準、速度超過、逆走車両、交通渋滞、速度不足 交通以外の事象 - トンネル内の発煙、歩行者、落下物 技術的アラーム - 画質、カメラの改造
環境
マウント
壁/支柱複合ブラケット 天井取付ブラケット
環境と認定
侵入に対する保護
IP66、IP67
相対湿度
0%~100%
動作時周囲温度範囲
*サンシールドを使用して-30℃~+65℃ *サンシールドなしで-30℃~+55℃
接続と通信
API
ONVIFプロファイルS
イーサネット映像
H.264またはM-JPEGストリーミング用の2つの独立したエンコーダ、エンコーダごとに最大20個のストリーミング
インターフェース
100 Mbps Ethernet (RJ-45) RJ45 pig-tail 1.5m, PoE(+) power supply Optional: Direct fiber connector (MM, SM Dual LC), 24Vac/dc power supply
接続機能
RJ45コネクターまたは1.5 mのcat6ピグテールとRJ45プラス24VAC/DC オプションの光ファイバー(MM/SM)または同軸ケーブルのイーサネット
対応プロトコル
IPv4、TCP/IP、UDP、RTP、RTSP、HTTP、ICMP、FTP、SMTP、DHCP、PPPoE、UPnP、IGMPv1/2/3、SNMPv1/2、QoS、ONVIF、802.1X、NTCIP-1205
電気・機械設備
コーティング
Powder coated RAL9016
電源
消費電力
最大13 Wヒーターオフ 最大23 Wヒーターオン
電源オプション
標準PoE(+)自動検知、24VAC/DC
保存と記録
ローカルストレージ
マイクロSDカード、64 GB、NAS
ローカル録画
Continuous, scheduled, alarm
関連ドキュメント
輸出規制

輸出規制

このページに記載されている情報は、輸出管理規則(EAR)による輸出規制の適用を受ける軍民両用製品に関するものです。 なお、米国の法令に反する製品の転用は禁じられています。 特に禁止されていない限り、外国人または外国当事者への輸出または譲渡の前に米国商務省の許可を取得する必要はありません。

TrafiBot 2