自動事故検知(AID)ボックスカメラ

TrafiBot HD

サポートページはこちら
product image

FLIR TrafiBot HDは、実績の高いビデオ検知アルゴリズムと高度なカメラ光学技術と優れた処理技術が全てひとつのボックスカメラに収められています。TrafiBot HD(1920×1080解像度)は高品質画像を提供し、自動事故検知(AID)分析機能やマルチストリームエンコード機能が備えられています。高性能な処理装置のTrafiBot HDから交通データや事故検知情報が生成され、様々な情報(停車車両/逆走車両/歩行者/路上に落下した積載物/煙/交通流データ)を交通オペレータへアラームで通知します。

  • 優れたビデオ映像解析機能

    交通事象(停車車両や逆走車両など)の検知だけでなく、「交通関連以外」の事象(路上に落下した積載物など)も検知します。

  • 高品質画像

    フルHD(1920×1080)の鮮明画像が得られるため、映像解析能力や信頼性が格段に向上します。

  • マルチストリームエンコード機能

    優れた処理能力とデュアルストリーミング機能(H.264またはMJPEG)を組み込んだ高性能カメラ光学です。

製品仕様
概要
Description
AIDを内蔵したフルHD IPカメラ
エンコーディングフォーマット
H.264、 MJPEG
マルチストリーミング
デュアルストリーミング:H.264(HP-MP)またはMJPEG
ラックあたりボード数
最大ストリーム
ユニキャストまたはマルチキャスト、最大20
重量
390g
出力
7W
寸法[H×W×D]
64 x 64 x 150mm
平均故障間隔[MTBF]
300,000時間超
イメージングとレンズ
最大解像度
フルHD(1920x1080)@ 30 fps
解析
AID
AID カスタマイズ可能なオーバーレイ ビデオモーション検知 画像モニター(品質測定) 不正操作検知 プライバシーマスク
環境と認定
使用温度
-30℃~ +50℃
接続と通信
LANコネクタータイプ
10/100 Mbps RJ45またはファイバー用SFPまたは同軸ケーブル上のIP(ECO)
データ
RS232またはRS422 / 485
デジタル出力
2
デジタル入力
2
パン/チルトズーム制御
有り
ビデオ入力
1 / 2.8インチCMOS
音声
1全二重ステレオ オプション:24ビットオーディオ伝送
通信規格
ONVIFプロファイルS、NTCIP、SNMP
電気・機械設備
スタンドアローン方式
12V DCまたは24V ACまたは802.3af PoE
関連ドキュメント
輸出規制

輸出規制

このページに記載されている情報は、輸出管理規則(EAR)による輸出規制の適用を受ける軍民両用製品に関するものです。 なお、米国の法令に反する製品の転用は禁じられています。 特に禁止されていない限り、外国人または外国当事者への輸出または譲渡の前に米国商務省の許可を取得する必要はありません。

TrafiBot HD