クリップ式高度サーマル武器照準器

ThermoSight T75

サポートページはこちら
product image

FLIR ThermoSight® T75は、既存のスコープを後端に設置したMIL-STD-1913準拠レールインターフェースに取り付ける設計です。ロングレンジのサーマル武器照準器として、また、ハンドヘルド観測機器として機能し、任務の柔軟性を高めます。幅広いデイスコープと武器プラットフォームに対応しています。AAリチウムバッテリーを電源とし、画像調整用の堅牢な大型コントローラを搭載しています。長波長赤外線センサーが、昼夜を問わず、鮮明な画像を提供します。

  • 多目的に使用できる設計

    レール上の昼間用スコープの前方にクリップで取り付けて、使用します。あらゆる戦闘用光学装置に対応し、大半の武器ですぐに使用できます。

  • 長波長サーマルカメラセンサー

    完全な暗闇や霧、煙、埃がある状態でも鮮明な画像を提供します。太陽光の下では、さらに鮮明な画像を得られます。

  • 人間工学にもとづく構成とコントロール

    小型化により突起物による危険を低減しました。 視界を調整しながら、焦点位置を積極的にコントロールできます。ジョイスティックで銃のチークウェルドを安定化させます。

関連ドキュメント
輸出規制

輸出規制

このページに記載されている情報は、国際武器取引規則(ITAR)の適用を受ける防衛物品の輸出に関するものです。 なお、米国の法令に反する製品の転用は禁じられています。 特に禁止されていない限り、外国人または外国当事者への輸出または譲渡の前に米国国務省の許可を取得する必要はありません。

ThermoSight T75