高解像度長距離境界監視ドップラーレーダー

Ranger® R5D

サポートページはこちら
product image

Ranger® R5Dは、特に中東地域の環境条件に適したデュアルモード地上監視レーダーです。デュアルモードレーダーとして、周波数変調連続波(FMCW)を採用しています。 高速スキャン(最大範囲5 km)またはドップラーモードで操作可能です。低い最小検出速度(MDV)、高解像度、高度な追跡アルゴリズムにより、低い誤警報率を実現します。

1台に高速スキャンレーダーとドップラーレーダーを搭載

  • パルスドップラー機能

    Ranger 5Dのドップラーレーダーは、 ほぼすべての地形で広範囲の探知が可能です。高速スキャンとFMCWを切り替えることで、不感地帯/速度の問題を解消できます。

  • 柔軟なデュアルモード機能

    台のアンテナで2つのモードに対応し、接線方向の動きを検出します。選択したモードに合わせてスキャンレート、高周波帯域、パルス繰り返し周波数を最適化します。

  • 一体的な防護

    複数のフレアーシステムズのレーダーやEO/赤外線カメラとFLIR制御指令コントローラを相互接続すれば、1つの強力な統合監視システムを構築できます。

製品仕様
環境
温度
-30℃~60℃(使用時)/-40℃~70℃(保管時)
接続と通信
通信
イーサネット、ワイヤレス、ファイバー
関連ドキュメント
輸出規制

輸出規制

このページに記載されている情報は、輸出管理規則(EAR)による輸出規制の適用を受ける軍民両用製品に関するものです。 なお、米国の法令に反する製品の転用は禁じられています。 特に禁止されていない限り、外国人または外国当事者への輸出または譲渡の前に米国商務省の許可を取得する必要はありません。

Ranger® R5D