長距離境界監視ドップラーレーダー

Ranger® R3D

サポートページはこちら
product image

Ranger R3Dは、デュアルモード地上監視レーダーです。Ka帯域で動作し、24時間365日休むことなく、効率的に境界の内外を監視します。FMCWテクノロジーの解像度と精度、ドップラーレーダーの広い探知範囲と地形適応性を、1台のコンパクトな小型軽量パッケージに統合しました。恒久的な使用、あらゆる天候条件下での設置、移動、停止・スキャン操作が可能な高耐久化設計です。最小検出速度(MDV)が低く、歩行中もしくはほふく前進中の人間など低速で移動する脅威を検出します。

切り替え可能なFMCWレーダーとパルスドップラーレーダー

  • デュアルモード機能

    地形と認識要件に応じて、高速スキャンとドップラーレーダーを切り替え可能です。高度な性能で径方向、接線方向の検出を実現します。

  • 過酷な任務でも使用できる高耐久化設計

    恒久的な使用、あらゆる天候条件下での設置、移動、停止・スキャン操作が可能な高耐久化設計です。ほぼすべての環境で歩行中もしくはほふく前進中の人間と車両を検出可能です。

  • 汎用性の高い中距離地上監視レーダー

    地上の移動物の検出、追跡に民生装置を使用しています。R3Dをキューイングデバイスとした広域検出も可能です。

製品仕様
環境
温度
-30℃~65℃(使用時)/-40℃~70℃(保管時)
接続と通信
通信
イーサネット、ワイヤレス、ファイバー
関連ドキュメント

Ranger® R3D