継続的にガス漏れを検知するカメラ

FLIR A6604

サポートページはこちら
product image

フリアーシステムズのガス検知用赤外線カメラで、ガス漏れを可視化して確認できます。またガス検知用赤外線カメラを使用すれば、離れた場所や手が届きにくい場所にある設備を、簡単かつ継続的にスキャンすることができます。ここで言う「継続的なモニタリング」では、危険や損害を生む恐れがあるガス漏れが見つかった場合に直ちに確認できるため、迅速に対処することが可能になります。ガス検知用赤外線(OGI)カメラは、 精油所や天然ガス処理工場、海上プラットフォーム、化学/石油化学産業、バイオマス、発電所などの工業環境で幅広く使用されています。FLIR A6604のようなOGIカメラは、環境に深刻なダメージを与える有害な温室効果ガスを検知できます。

リモート設置用の固定式OGIモニタリング

  • 冷却型検出器によって非常にわずかな 温度差も確認

    FLIR A6604には、640x512ピクセルの赤外線画像を生成する冷却型のアンチモン化インジウム(InSb)検出器が搭載されています。ピクセル数が多いと視野角が広くなるため、大きな設備も監視できます。さらに、極めて鮮明な画像も表示可能です。高感度モードによってカメラの検出レベルをさらに上げられるため、非常にわずかなガス漏れも検知できます。

  • 制御が容易

    FLIR A6604は安全な距離からの制御が簡単です。イーサネット経由で完全に制御可能で、TCP/ IPネットワークへの統合が簡単です。FLIR A6604はGigE VisionとGenICamに対応しています。

  • FLIR A6604は以下のガスを検出します。

    ベンゼン、エタノール、エチルベンゼン、ヘプタン、ヘキサン、イソプレン、メタノール、メチルエチルケトン、メチルイソブチルケトン、オクタン、ペンタン、1-ペンテン、トルエン、キシレン、ブタン、エタン、メタン、プロパン、エチレン、プロピレン。

製品仕様
概要
検知器タイプ
焦点面アレイ(FPA)、冷却アンチモン化インジウム
ハウジング材質
アルミニウム
赤外線解像度
640 x 512 ピクセルs
スペクトル範囲
3.2~3.4 µm
重量
2.3 kg
ズーム
1倍または2倍のデジタル
イメージングとレンズ
自動画像補正
連続/マニュアル; 線形またはヒストグラムベース
カメラサイズ、レンズ除く[L×W×H]
196 x 102 x 102 mm
デジタル映像エンハンスメント
高感度モード
F値
NA
視野角[FOV]
25 mmレンズで21.4°x 17.5°、50 mmレンズで11.0°x 8.9°、100 mmレンズで5.5°x 4.4°
焦点
マニュアル
フルフレームレート
フルウィンドウ60Hz、1/2ウィンドウ240Hz、1/4ウィンドウ480Hz
画像モード
赤外線画像、高感度モード(HSM)
手動画像補正レベル_スパン
レベル/スパン
最小焦点距離
NA
環境
衝突
40g、11msハーフサインパルス
指令
低電圧指令:2006/95 / EC / EMC:2004/108 /
電磁両立性
EN61000-6-4(放射)/ EN61000-6-2(耐性)/ FCC 47 CFRパート15クラスA(放射)/ EN 61 000-4-8、L5
保護
IP 50
湿度[動作時、保存時]
IEC 68-2-30 / 24時間 相対湿度95% + 25℃~+ 40℃(2サイクル)、
使用温度範囲
–40℃ ~ +50℃
保存温度範囲
–55℃ ~ +68℃
振動
4.3g RIMSランダム振動3軸
接続と通信
イーサネット
コントロール、画像
イーサネット通信
通信TCP / IP
イーサネットコネクタータイプ
RJ-45
イーサネット映像ストリーミング
イメージストリーミング、GigE Vision
イーサネットプロトコル
プロトコル、GigE Vision
イーサネット規格
IEEE 802.3
イーサネットタイプ
1 Gbps
イーサネットビデオストリーミング
動画保存、NTSC、PAL
インターフェース
ギガビットイーサネット(GEV / GenICam互換)
ビデオ出力
NTSC / PAL
測定解析
温度範囲
-20℃~+ 350℃; 最大1,500 ℃またはオプションで最大2,000 ℃
温度分解能_NETD
<20 mK @ +30℃
電源
DC運転
24 VDC、24 W max.
起動時間
25℃で通常7分
関連ドキュメント

FLIR A6604