用途に関する資料:接着剤およびシーリングの検査

サーモグラフィカメラは、生産品質を確保しながら、接着ビード工程間の「中断」を回避します。

接着ビードを正確な位置に塗布することは、求められる構造的完全性とシーリング性能を実現するために極めて重要です。 製造業者はデジタルカメラでこの工程を監視することができますが、膨大な種類の接着材料と照明条件への対応が課題となっています。 サーモグラフィカメラや赤外線温度センサーを使用すると、接着ビードが適切に塗布されているか、間隔があるか、また許容温度範囲内であるかをスムーズに確認することができます。 

用途に関する資料をダウンロード

関連記事