軍事用ソリューション - 武器用照準器



すべての製品 (6) サムネイル表示 サムネイル表示 リスト表示 リスト表示

MilSight LIRC

軍用車向け高性能長波長赤外線カメラ

MilSight LIRCは、高耐久小型赤外線カメラです。牽引式または自走式の装甲車両に対して、高度に安定した視野と優れた撮像性能を確保します。長波長赤外線、量子井戸型赤外線検出器(640×480画素)とSTACE™高度画像処理システムを組み合わせて使用し、最も過酷な状況下でも優れた品質の画像を提供します。

MilSight T105 Universal Night Sight (UNS)

AN/PVS22 Universal Night Sight

Milsight® T105 UNS™ クリップ式武器照準器は、最大600メートルの戦術的捕捉を可能にします。照準を合わせた光学デイスコープの前端に取り付けると、たちまち標準的な夜間戦闘兵器に対応可能です。戦闘地での使用に合わせた設計です。最大50口径の兵器によるテストに合格しました。最大12倍率の武器照準器として、長距離偵察用スポットスコープに取り付けて、またハンドヘルド観測装置として、柔軟に任務に活用できます。

MilSight® T90 Tactical Night Sight (TaNS)

Tactical Night Vision Sight

MilSight® T90 TaNS™は、高解像度武器照準器です。 既存のスコープを後端に設置したMIL-STD-1913準拠レールに取り付けることで、昼用の標的捕捉プラットフォームにナイトビジョン機能を追加できます。米軍特殊部隊が使用するSU-270/PASをベースとしたクリップ式I2ナイトビジョンで、接近戦や近距離の戦術的捕捉に適しています。最大8倍率の武器照準器として、長距離偵察用スポットスコープに取り付けて、またハンドヘルド観測装置として、柔軟に任務に活用できます。

MilSight S135 Magnum Universal Night Sight (MUNS)

AN/PVS-27 Magnum Universal Night Sight

MilSight™ S135 MUNS™は、クリップ式の高解像度ナイトビジョン武器照準器です。 既存のスコープを後端に設置したMIL-STD-1913準拠ピカティニーレールに取り付けることで、昼用の標的捕捉プラットフォームにナイトビジョン機能を追加できます。狙撃手は、最大800メートル先にある人物大の標的を検出、識別できます。アメリカ海兵隊向けに開発され、米軍とNATO軍で採用されているS135 MUNSは、最大50口径の複数の武器プラットフォームに対応しています。

ThermoSight HISS-XLR

ロングレンジ冷却式サーマル狙撃銃照準器

LIR ThermoSight® HISS-XLRクリップ式サーマル照準器を使用すれば、狙撃手は2,000メートル以上先にある人物大の標的を検出、識別できます。さらに、旧モデルと比較して捕捉範囲は25%以上も拡大します。既存のスコープを後端に設置したMIL-STD-1913準拠レールに取り付ける設計で、幅広いデイスコープと武器プラットフォームに対応します。ロングレンジ光学装置とHDディスプレイを組み合わせることで、鮮明な画像を提供し、レンジ端における弾丸落下位置の縦方向を補正します。

ThermoSight T75

クリップ式高度サーマル武器照準器

FLIR ThermoSight® T75は、既存のスコープを後端に設置したMIL-STD-1913準拠レールインターフェースに取り付ける設計です。ロングレンジのサーマル武器照準器として、また、ハンドヘルド観測機器として機能し、任務の柔軟性を高めます。幅広いデイスコープと武器プラットフォームに対応しています。AAリチウムバッテリーを電源とし、画像調整用の堅牢な大型コントローラを搭載しています。長波長赤外線センサーが、昼夜を問わず、鮮明な画像を提供します。

チェックリストを隠す チェックリストを表示
比較製品 (0/3)