カメラコアとコンポーネント

すべての製品 (2)サムネイル表示リスト表示

FLIR PTU-SDK

パン/チルトソフトウェア開発キット

フリアーシステムズのモーションコントロールシステム(MCS)が搭載されたFLIR MCSパン/チルトユニットは、高性能な制御と低遅延、低ジッター、高コマンドレートを両立させるよう設計されています。このユニットを制御する方法はいくつもあります。FLIR MCSパン/チルトユニットはEシリーズのコマンドリファレンスマニュアルに記載されたシンプルなASCIIコマンドプロトコルも、ポータブルC言語ライブラリ(PTU-SDK)がサポートするバイナリコマンドにも対応します。PTU-SDKはソースコードとして提供されるため、どのコンピューティングプラットフォームでもコンパイルできます。それによって、アプリケーションからパン/チルトユニットへ、シリアルやイーサネットインターフェースを介してシームレスにコマンドを送信することが可能になります。

Tau SDK

Software Development Kit

The FLIR SDK allows customers the capability to integrate software that can communicate and perform camera functions. There are 2 main components that comprise the FLIR SDK: Windows Host SDK and Embedded Host SDKM. The Windows Host SDK provides source code (C, C++), samples(C++, C# VB), and binaries (DLL's) that aid customers in the development of camera integration software in a Microsoft Windows OS environment.The Embedded Host SDK provides low level source code written in C, that allows the developer to integrate the SDK with the FLIR camera on a non-Windows OS. Standard driver interfaces are provided by the SDK source code, but the low level drivers (e,g UART) need to supplied by the developer.

チェックリストを隠す チェックリストを表示
比較製品 (0/3)