加熱炉・ボイラー検査用の赤外線サーモグラフィ

火傷せず炎越しに検査を実施

業務用の加熱炉やボイラーで、仮に小さな問題が発生した場合、短時間でも放置すると、修復に莫大なコストがかかることがあります。 フリアーシステムズのカメラがあれば、設備の炎越し検査を迅速かつ安全に実施できます。

 

炉管の検査

設備の稼働を停止しなくても、炉管の問題を迅速・安全に発見できます。

炉管の赤外線検査

全表面の温度を確認

炉管の検査

問題をピンポイントで容易に特定

炉管の赤外線検査

検査結果を素早く記録

炉管の検査

見えにくい場所や届きにくい場所でも検査を実施

加熱炉・ボイラー検査用の赤外線サーモグラフィ

FLIR GF309 Infrared Camera  

FLIR GF309

FLIR GF309は作業温度が極めて高い産業炉などの検査に使用できる赤外線サーモグラフィです。 FLIR GF309は炎を透かして見るように設計されているため、ガス燃焼炉、化学ヒーター、石炭で熱したボイラーなどを稼働したままで炎越しの検査が可能です。ハンディタイプの赤外線サーモグラフィは、離れた場所から検査できるため、作業者の安全性は大幅に向上します。産業炉の状態を正確に把握することで、突然の故障や設備停止を防止できます。