電力会社向けの赤外線サーモグラフィ

赤外線サーモグラフィFLIR GF306は、六フッ化硫黄(SF6)を検知できます。六フッ化硫黄とは、二酸化炭素の23,900倍の地球温暖化係数を持つ「温室効果ガス」です。

 

有害な六フッ化硫黄(SF6)を検出

六フッ化硫黄(SF6)は、絶縁ガスの一種で、高電圧機器に使われます。 独自の技術を採用したFLIR GF306は、電力会社による六フッ化硫黄(SF6)の排出を低減することを目的として作られた唯一の赤外線サーモグラフィです。 これからの世代のために、今、環境を守らなければなりません。

電力会社向けの新機能は、さまざまな気候・環境条件の中で、生産性を向上させるために役立ちます。 赤外線サーモグラフィは、世界中の多くの電力会社の収益を確保し、サービスへの信頼性を高め、従業員や周辺住民にとっての危険を防止するため、50年以上にわたって利用されてきました。 今日、フリアーシステムズは、世界最先端の赤外線サーモグラフィを取り揃えることで、電力産業を支えています。

SF6を検知するための赤外線サーモグラフィ

FLIR GF306 Infrared Camera  

赤外線サーモグラフィ FLIR GF306 

FLIR GF306はSF6(六フッ化硫黄)やアンモニアの検出用に設計されたハンディタイプ赤外線サーモグラフィです。稼働中の高圧機器や設備を停止せずに、ガス漏れ検査を行なうことができます。離れた場所から検査を行なうことができるので、作業者の安全性は大幅に向上します。環境保護の観点からも、有毒ガスの発生を検知することは有益です。