Additionally, paste this code immediately after the opening tag:

アプリケーションストーリーのご紹介

Thursday, March 29, 2018


 octseminar

フリアーシステムズのカメラは世界中のさまざまな研究開発に貢献、活用されています。 

 

今回はいくつかの研究開発関連の使用事例をご紹介いたします。 

 

 

 

事例①:昆虫学部と生態学部の研究FLIRのサーモグラフィで共生昆虫の秘密が明らかに

 

フリアーのサーモグラフィは、昆虫の研究においてもとても役立っています。研究者は、ある種別の昆虫が、どのように宿主植物で共生しているのかを明らかにするためにサーモグラフィを用いています。ペンシルバニア州立大学では、フリアーシステムズのFLIR T650scを活用することで、小麦植物に共生する昆虫種の実験で貴重な情報を得てきました。

       

 

例②:イタリアの歴史的文化遺産の保全サーモグラフィは歴史的建造物の損傷状態を把握するのに適切

 

歴史的建造物はイタリアの大切な文化遺産です。歴史的建造物の保全では、良好な状態をいかに維持するかが重要となります。廃墟と化した大聖堂など誰もみたくはありません。イタリアのアルタムラに本社のある赤外線調査会社IRホットスポット社は、フリアーシステムズのサーモグラフィを使用して、歴史的建造物を調査し、水分の侵入などによる損傷の状態を調べています。サーモグラフィ検査で得られた情報は、イタリアの文化遺産保全活動に活用されています。

       

 

事例③:ルーマニア 低コスト簡易住宅の開発建築物の断熱検査だけでなく、実験室でのせん断試験に使用

 

世界最大の鉄鋼メーカーアルセロール・ミッタル(Arcelor Mittal)は、慈善活動の一環として、ルーマニア国内の貧困家庭を対象として、同社の鉄鋼を使った簡易住宅を提供しています。こうした住宅は簡素であっても、安全かつ良質である必要があります。さらに、寒いルーマニアでも快適に暮らせるよう、高い断熱性が求められます。アルセロール・ミッタルのリエージュ研究センターでは、この住宅の設計にふりあの赤外線サーモグラフィを活用しています。

       

 

また、フリアーシステムズジャパンは教育・研究開発向けの皆様に特別価格でサーモグラフィカメラをご提供させて頂いております。

アカデミッ格詳細はこちら 



COMMENTS