赤外線サーマルカメラ/サーモグラフィを使用する理由

 

赤外線サーマルカメラ/サーモグラフィは、夜の暗闇の中でも鮮明な画像を生成できます。特別な校正を行った一部の赤外線カメラは、非接触モードで温度を測定することもできます。


以上の特長により、赤外線サーマルカメラ/サーモグラフィは幅広い用途に最適です。


赤外線サーマルカメラ/サーモグラフィは、お客様の経費節減を支援します。さらに重要な特長として、人命を救う場合もあります。


 

 

industrial 

電気機器・設備

工業環境では、赤外線サーモグラフィは、電気・機械設備の故障につながる可能性があるホットスポットを見つけるために使われています。電気キャビネットやモーター制御センターは、赤外線カメラで定期的にスキャンされています。異常を早期に検知できれば、操業停止を回避し、コストを減らすことができます。


building 

建築物診断

建築物のプロフェッショナルは、赤外線サーモグラフィを使って断熱損失やその他の建物関連の欠陥を探します。断熱損失を特定して修理すれば、エネルギーコストを大幅に節約できます。

border security 

国境警備

国境警備のスペシャリストは、密輸業者やその他の侵入者から国境を守っています。赤外線サーマルカメラを使用すれば、全くの暗闇の中でも、20km先にいる男を見つけることができます。

Commercial security 

監視・セキュリティ 

セキュリティ分野のお客様は、赤外線サーマルカメラを使って、港、空港、原子力発電所、倉庫、不動産などの様々な施設を侵入者から守っています。

rnd 

研究開発

赤外線サーマルカメラは、基礎と応用の両方の研究開発で重要な役割を果たしています。設計サイクルをスピードアップできるため、製品をより早く市場に投入できます。この分野では厳しい要件を満たす必要があるので、極めて高性能な赤外線カメラを販売しています。

Maritime 

船舶・ボート 

フリアーシステムズの赤外線サーマルカメラは、ヨットや商業船舶の夜間の航行、船上の保全、落水事故対応、対海賊警備などに使われています。

Transportation 

車両搭載 

フリアーシステムズの赤外線カメラは、運転手の視野を強化するため、車両にも取り付けられています。ヘッドライトの4倍遠くまで見通すことができるようになります。消防車、採掘車、軍用車などの特殊車両にも取り付けられています。

automation 

オートメーション

赤外線カメラは、生産プロセスを継続的に監視し、火災を避けるためにも取り付けられています。

Law Enforcement 

警備・監視 

警官は、気付かれずに相手を発見するために赤外線サーマルカメラを使っています。全くの暗闇の中でも、張り込みの場所を悟られずに容疑者を簡単に見つけることができます。

gas 

ガス漏れ検知 

赤外線カメラを使えば、ガス漏れも簡単に検知できます。

Wildlife 

アウトドア 

アウトドア愛好家は、赤外線カメラを持っていれば、夜間でも周囲をクリアに見ることができます。

Firefighting 

火災検知

消防士は、煙を見通すことができます。煙が充満した部屋でも被害者を見つけやすくなり、火が消し止められているか確認することもできます。場合によっては、命を救える場合もあります。

Cores 

中核・周辺部品

フリアーシステムズは、他のメーカーが自社製品に組み込むための、赤外線カメラの様々な中核部品も販売しています。

extech 

Extech 

Extechブランドの下で、試験・計測機器の幅広いラインナップを販売しています。(日本国内では販売しておりません。)