赤外線サーモグラフィ

 

赤外線エネルギーの検知

camera物体が放射する赤外線エネルギー(A)は、光学機器(B)によって捉えられ、赤外線検出素子(C)に送られます。検出素子は情報を電子センターに検出素子から送られてくるデータをビューファインダーや、標準ビデオモニター、LCD画面で見られるよう画像(E)に変換します。


赤外線サーモグラフィは赤外線画像をラジオメトリック画像に変換する技術です。ラジオメトリック画像とは、温度データを読み取ることができる画像です。このラジオメトリック画像を生成するために、赤外線サーモグラフィには複雑なアルゴリズムが組み込まれています。