• 大きなことをしましょう。
    小さなもので。
    発売中の新しいソフトウェアリリース
 
 

Boson―探し求めた答えがここに

Bosonは、長波長赤外線(LWIR)カメラコアの大きさ、重さ、パワー、そして性能の、新たなスタンダードを示します。Bosonはさまざまなアイデアに命を吹き込み、お客様の自由な発想を後押しします。

Bosonは、フリアーシステムズの拡張可能な映像処理アーキテクチャXIR™により、わずかな消費電力で最先端の画像処理、ビデオ解析、ならびに周辺センサーの制御を可能にし、一方で、業界標準の通信インターフェースを複数備えているため、統合が容易です。

Bosonの驚くべき撮像性能は、640×512および320×256の2種類の解像度が選べる、非冷却12μmピッチ酸化バナジウム(VOX)検出器によって実現しました。Bosonはさまざまなレンズとの組み合わせが可能なため、お客様が計画中のプロジェクトにぴったりの構成が必ず見つかります。

なぜBosonなのか

  • 画期的なサイズ、重量、および出力(SWaP)を備えた赤外線カメラコア
    ずば抜けて小型軽量・高出力のBosonは、機能と消費電力の柔軟なトレードオフを可能にします。
  • FLIR XIRによる優れた映像処理―業界をリードするシステムオンチップ
    フリアーシステムズの拡張可能な赤外線映像処理システムならびに業界標準のインターフェースにより、最先端の処理および解析を可能にします。
  • プレミアムブランドをお値打ち価格で
    フリアーシステムズは、新設計のBosonの採用により、低解像度カメラの価格で高解像度カメラをご提供します。
 

Bosonによって広がる選択肢

Bosonは、これまで机上のものでしかなかった次世代の赤外線サーモグラフィ製品を現実のものにします。画期的なサイズ、重量、および出力、また、最先端の撮像技術やさまざまな画像処理ならびにインターフェース機能により、Bosonが最良の選択であることは明らかです。

ドローン用、監視用、消防用、熱線暗視用、あるいはハンドヘルドサーモグラフィ等、どのような用途に対しても、小型軽量・高出力のBosonは最も革新的なカメラ設計を実現します。Bosonの競争力のある価格と柔軟な統合オプションは、設計サイクルを劇的に短縮すると共に、熱センサーを用いたあらゆる製品設計に新たな可能性をもたらします。

用途

  • 緊急船舶、軍事/準軍事目的、および熱像記録用ハンドヘルド赤外線サーモグラフィシステム
  • 保安・監視システム
  • 無人航空機、ロボティックビジョン
  • ナビゲーション
  • 障害物の回避
  • 自動車運転者の視覚補助

仕様

イメージング
センサー技術 非冷却VOxマイクロボロメーター
シーンダイナミックレンジ(括弧内ゲインモード) +140 °Cまで(高) +500 °Cまで(低)
配列フォーマット 640 x 512または320 × 256
画素ピッチ 12 µm
スペクトル波長 長波長赤外線;7.5 µm~13.5 µm
温度分解能(NETD)30℃のとき <40 mK(産業用);<50 mK(プロ仕様);<60 mK(消費者向け)
フルフレームレート 60Hz ベースライン;30 Hz ランタイム選択可能
スローフレームレート ≤9 Hz 使用可能
ムラ補正(NUC) 工場で校正済;FLIRのサイレントシャッタレスNUC(SSN)付最新型FFC
太陽光保護 整数
連続電子ズーム 1倍から8倍ズーム
画像の向き 調整可能(上下反転または左右反転)(注1参照)
シンボルのオーバーレイ 各フレーム書き換え可能;半透明画像を重ね合わせるアルファブレンディング
スナップショット フルフレームスナップショット、SDIOインターフェースでリムーバブルメディアをサポートします。(注1参照)
光学系
レンズのオプション 解像度640用レンズ8種類
解像度320用レンズ8種類
詳しくは「光学系」タブをご覧ください。
電気
入力電圧 3.3 VDC
定格消費電力 構成により異なります;最低500 mW
動画チャンネル CMOSまたはUSB2
制御チャンネル UARTまたはUSB
周辺装置チャンネル I2C、SPI、SDIO(注1参照)
寸法・重量
寸法 21 × 21 × 11 mm レンズを除く
重量 7.5 g レンズを除く(構成により異なる)
精密装着穴 M16 x 0.35ネジ穴4つ(リヤカバー)レンズの質量がコアの質量を超える場合は、レンズのサポートが推奨されます。
環境
動作保証温度範囲 -40°C~80°C(産業用&プロ仕様)、-20°C~+65°C(消費者向け)
非動作保証温度 -50°C~105°C
衝撃 1,500 g @ 0.4 msec
動作保証高度 12 km(民間航空機または空中プラットフォームの最大高度)

注1:このは現在販売中の製品にはませんが、後日、フィールドでのアップグレードが可能なソフトウェアの提供を予定しています。

FLIR Boson 光学系

複数の視野角(FOV)でどんな用途にも対応します。

Bosonではレンズを使い分けることで、8つの視野角(FOV)が選べます。

320 x 256 f/# 最大径(mm) カメラ長さ(mm) カメラ重量(g)
92° (HFOV)
2.3 mm (EFL)
1.0 20.0 33 30
50° (HFOV)
4.3 mm (EFL)
1.0 20.0 27 18
34° (HFOV)
6.3 mm (EFL)
1.0 20.0 27 15
24° (HFOV)
9.1 mm (EFL)
1.0 20.0 27 15
16° (HFOV)
13.8 mm (EFL)
1.0 26.0 28 38
12° (HFOV)
18 mm (EFL)
1.0 27.6 38 39
6° (HFOV)
36 mm (EFL)
1.0 51.0 64 132
4° (HFOV)
55 mm (EFL)
1.0 68.4 75 189
640 x 512 f/# 最大径(mm) カメラ長さ(mm) カメラ重量(g)
95° (HFOV)
4.9 mm (EFL)
1.1 32.0 50 59
50° (HFOV)
8.7 mm (EFL)
1.0 32.0 46 71
32° (HFOV)
14 mm (EFL)
1.0 26.0 35 27
24° (HFOV)
18 mm (EFL)
1.0 27.6 38 41
18° (HFOV)
24 mm (EFL)
1.0 34.0 45 53
12° (HFOV)
36 mm (EFL)
1.0 51.0 64 129
8° (HFOV)
55 mm (EFL)
1.0 68.4 75 192
5.5° (HFOV)
73 mm (EFL)
1.1 82.0 100 396

FLIR Boson アクセサリー

即使用可能なアクセサリー

赤外線サーマルカメラへの組み込みがこれほど容易になったのは初めてです。さまざまなBosonアクセサリーを使用すれば、お使いのPCにすばやく接続してウェブカメラとして利用することも、Bosonの開発ボードを使用して80ピンコネクタにアクセスし、カメラのパワーを余すところなく利用することも可能です。

アクセサリー

 
USB/アナログVPCキット BosonカメラにUSBインターフェイス1本をつなぐだけで、Bosonはウェブカメラに早変わりします。カスタムケーブルでアナログビデオを出力
Boson開発ボード Boson 80ピンインターフェイスへのフルアクセス、USB、100/GigE イーサネット*、カメラリンク(Camera Link)、シリアルCOMポート、MicroSDカード*、I2C、SPI*、SDIOおよび*VSYNC/RESET、GPIO*
USB/カメラリンクボード BosonビデオへのカメラリンクおよびUSBインターフェイス
レンズフォーカスツール レンズフォーカスを変更するカスタムツール
三脚に取り付け 1/40-20インターフェイスの専用三脚に取り付け

*現在のBosonのリリースではサポートされていません

Bosonについての詳細情報はこちら

当社にご相談いただければ、貴社製品にBosonを組み込むことで何が実現できるのかを詳細に検討させていただきます。