火災の予防および検知用の赤外線カメラ

多くの資材は、外部から何も刺激を受けなくても、発熱することがあります。 そして資材の内部の温度が上昇し、自然発火します。 その火と高熱のために、周辺の資材も延焼します。 結果として、倉庫や保管場所全体が焼失します。

倉庫や保管場所には、通常、火災報知機や消防システムが備え付けられていますが、これらの設備は、火災が発生して初めて動作します。 赤外線サーモグラフィは、火災が実際に発生する前にホットスポットを検知するため、これを利用すれば、事前に必要な対策を取ることができます。

フリアーシステムズの火災予防/検知用の赤外線カメラの詳細については、ここをクリックしてください。

赤外線カメラは、さまざまな問題を特定し、危険な状況や損害の発生を防ぐことができます。



Warehouse_3d_Small  

倉庫資産を守る赤外線カメラ

世界中の倉庫には、価値の高い物品が眠っています。 最も重要なのは、 これらを盗難から守ることでしょう。 しかし、リスクは 盗難だけではありません。 むしろ、火災の方が危険かもしれません。

用途事例を読む            用途事例をダウンロード

AUT_003  

ゴミ焼却場での火災を防ぐフリアーシステムズの赤外線カメラ

廃棄物管理は、世界中の先進国で、重要な産業となっています。現在では非常に革新的な取り組みが行われており、ゴミ発電の利用も増えています。 廃棄物の保管から分別、リサイクル、そして電力への効果的な変換に至るまでのサイクル全体には、火災や自然発火の高いリスクが伴います。これは作業員にも環境にも、危険を及ぼす可能性があります。

用途事例を読む            用途事例をダウンロード

T820366_EN.png  

韓国の石炭発電所での火災を防ぐ赤外線カメラ

韓国にあるダンジン石炭火力発電所(DCFPC)の石炭コンベアシステムにおける自然発火のリスクを防ぐため、発電所を所有する韓国東西発電社(EWP)は、赤外線カメラを利用した火災警報システムを導入しました。 赤外線カメラは、石炭が発火に至るはるか前に温度の上昇を検知することで、発電所の安全と発電の継続性を確保します。

用途事例を読む           用途事例をダウンロード

T820334.png  

Transpole社で安全確保を支援する赤外線警報システム

化石燃料の埋蔵量が減少し、燃料価格が高騰するなか、さまざまな種類の燃料を模索する動きが強まっています。 フランスのリール都市共同体と輸送会社のTranspole社は、天然ガスを燃料として使用することにしました。 よって現在では、フランスとベルギーの国境近くのワットルローにあるTranspole社のバスターミナルで、天然ガスが保管されています。 しかし、天然ガスの保管には危険が伴います。万一、火災が起きると、大規模なガス爆発につながる恐れがあるからです(そのリスクは小さいものの、必ず大事故をもたらすでしょう)。

用途事例を読む           用途事例をダウンロード

Nastup_3d_Small  

石炭パイルの保管所で火災リスクを制御する赤外線カメラ

大きな石炭パイルの保管所には、自然発火のリスクがあります。 火災の発生後に対処するよりも、予防する方が良いのは明らかです。 チェコ共和国のTusimiceにあるNástup Mines社でも、安全確保のために、フリアーシステムズの赤外線カメラが使われています。 このシステムは、費用効果の高いソリューションとして、石炭パイルの温度を継続的に遠隔監視することができます。

用途事例を読む           用途事例をダウンロード

MUT_3d_Small  

ゴミ処理場での火災の予防と検知

今日の消費社会においては、固体廃棄物の管理は、極めて重要な領域です。 米ドルに換算すれば430億ドルの産業であるだけでなく、各地が経済的に成長して繁栄するにつれ、またその結果として家庭ゴミが増えるにつれ、さらなる拡大を続けています。

用途事例を読む           用途事例をダウンロード

Pyrosmart_3d_Small  

火災を予防する赤外線カメラ

赤外線カメラは、幅広い用途に使われています。 対象に接触させなくても温度を測定できるため、火災の予防にも簡単に使用できます。 自然発火の恐れがある物品や資材の保管を伴うあらゆる用途に最適です。

用途事例を読む            用途事例をダウンロード

フリアーシステムズの火災予防/検知用の赤外線カメラ