コンディションモニタリング用の赤外線カメラ

コンディションモニタリングでは、生産ラインの停止や結果的な損害の発生を防ぐため、障害が生じる前に問題を特定します。 監視対象となる一般的な設備の例としては、高・低電圧設備、タービン、コンプレッサー、その他の電気・機械設備などが挙げられます。

プロセスの異常が危険な状況を引き起こす場合もあるため、プロセスをモニタリングしなければならないケースもあります。 例えば、ガスフレアには通常、裸眼では見えない炎が伴うことから、発生しているガスを効果的に焼却できているか確認する目的で、モニタリングする必要があります。 また、製鋼所の取鍋は、突然割れて危険な状況を生むことがあります。

フリアーシステムズのコンディションモニタリング用の赤外線カメラの詳細については、ここをクリックしてください。

赤外線カメラは、さまざまな問題を特定し、危険な状況や損害の発生を防ぐことができます。



Electronic_substation_3d_Small  

変電所をモニタリングする赤外線カメラ

電力会社のインフラは、老朽化が進んでおり、結果として 停電や「ブラウンアウト」のリスクが増大しています。 「ブラウンアウト」とは、 電圧の低下を意味します。通常、照明が暗くなるため、 こう呼ばれるようになりました。 電力会社は、計画外のメンテナンスの増加やコストの増大といった 事態にも直面しています。

用途事例を読む           用途事例をダウンロード

as_0054_en  

ノルウェーのスタヴァンゲルの変電所を守る赤外線カメラ

現代社会では、電気のない生活は考えられません。 電力が長期間供給されないと、金銭的な損害だけでは済まない場合もあります。 長時間の停電が起きると、電力に依存している病院やその他の緊急サービスでは、人命が失われるケースもあるでしょう。 そのため、ノルウェー政府やLyse Energy社などのエネルギー企業は、赤外線カメラを導入し、配電網の重要ポイントでセキュリティを向上させました。

用途事例を読む           用途事例をダウンロード  

Steel_3d_Small
 

取鍋の耐火性のモニタリング

製鋼所の取鍋は、寿命が限られています。 その耐火ライニングが摩耗したり、衝撃を受けて破損したりすると、取鍋の外部は過度の熱にさらされます。 これを見逃すと、結果として取鍋は崩壊して溶融金属が流出し、作業員の命が危険にさらされ、設備が破壊されることがあります。

用途事例を読む            用途事例をダウンロード

Flare_3d_Small
 

フレアをモニタリングする赤外線カメラ

プラント設備が計画外の過圧状態になった時に圧力安全弁から放出される 可燃ガスや、その他の無駄なガス副産物を焼却するため、 多くの産業でフレアスタックが使われています。

用途事例を読む           用途事例をダウンロード

Roadscanner_3d_Small
 

フリアーシステムズの赤外線カメラ、フィンランドの道路状況を評価

フィンランドの道路は、78,141キロの幹線道路、舗装道路、 砂利道で構成されています。 そのため、フィンランドの道路検査当局は、その業務を 簡素化し、効果を高めることを目的として、新しい 非破壊検査の手法を常に模索しています。

用途事例を読む            用途事例をダウンロード


フリアーシステムズのコンディションモニタリング用の赤外線カメラ